子育ては楽しいことも多いけど、ツライ時だって当たり前にある

かわいい我が子。
でもでも、泣き止まない時やずっとグズグズしてる時、
やんちゃな時やなかなか寝てくれない時など
「もー! ヤダ~~~!!」ってタイミングは必ずありますよね。

おかあさんたちの声を聞いていると、たくさんの方が生後2、3ヶ月くらいまで、
長い方は5ヶ月それ以降までかなり精神的に参ってしまっています。
"“赤ちゃんは泣くのが仕事”なんて百も承知、
だけど泣かれてもどうして欲しいのかわからない、
こんなに一生懸命あやしてるのに泣きやまない・・"

毎日の睡眠不足や家事と育児でヘトヘトな体では、
赤ちゃんに余裕を持って接するのはとても難しいことです。
"おかあさんの中には、つい手を上げてしまったり、
荒げた声で怒鳴ったり・・・"
"でも、してしまった後にものすごい罪悪感と後悔の念に押しつぶされ、
母親失格という自己嫌悪に陥っている方もたくさんいらっしゃいます。"

出典 http://timls.timlip.com

私も、かなり身に覚えがあります。

親は、みんな がんばっている!

育児をしている人は、みんなスゴイって思います。
子どものために、多くの時間を費やし、そしてそれが長期間続く。
ホント、体力と精神力の勝負です。

だからこそ、育児をしている間は、常に頼れるモノやヒト、場所を
リサーチして知っておくべきです。
今回は、0~3歳のお子さんを持つみなさまへ、
頼る対象を10コ、具体的に挙げていきます。

気持ちを吐き出す

モヤモヤ、ぐるぐる、イライラ。
子育てだけにどっぷり取り組んでいると、頭の中がすっきりしない状態になりやすいもの。
そんなときは、自分の想いを出せる相手に、じっくり話を聞いてもらうのがベスト。

オススメなのは、以下の4つ。

 1. 実母
 2.  友人(子育て経験あり)
 3. 子育て支援センター
 4. ココナラを利用

 ココナラとは
  ワンコインから利用できる、個人が「得意なコト」を出品しているフリーマーケット。

愚痴聞き・話し相手が必要な時はこちら。
"悩みや不安やモヤモヤを解消したい時、雑談や自慢話をしたい時、
 とにかく癒されたい時に。
"ココナラなら、あなたが選んだ相談者の方に、
 オンラインで気軽に相談できます。"

出典 https://coconala.com

実母や友人は、自分のことをよく分かってくれる相手なので、
比較的、話をしやすいのではないでしょうか。
私の場合、いきなり相談、というよりは、たわいもない会話を楽しみつつ、
いろんな話をしていくうちに、心が軽くなることが多かったです。

子育て支援センターは、たまに利用します。
おもちゃや絵本が充実したところが多く、家とはちがった環境で遊べるので
親も子どもも、新鮮な気持ちで向き合える場所です。

ココナラでのサービスは利用したことがないのですが
おもしろい場なので、おススメしました。
近くに話を聞いてくれる相手がいない場合に、使えるサービスですよね。

ちょっとした話をするだけでも、子どもと親だけの世界から出られますから、
ずいぶん楽になります。
私もそう。
ひとりで悩んでいても、解決策はみえないもので、
誰かと話している間に悩みが消えたことが何度もあります。

癒される時間をもつ

心に余裕がなくなるのは、だいたい疲れがたまっているタイミング。
そんなときは、自分の癒しを最優先に!

オススメなのは、以下のふたつ。

 5. マッサージ、エステ、整体など
 6. スポーツ、運動、ストレッチ

マッサージやエステは、15分ほどの短時間コースもあるので
ちょこっとだけでも癒しの時間を取るのも、効果大。

スポーツで癒し?
私も不思議に思いましたが、ちゃんと理由があるようです。

運動が疲労回復に効果的な理由

ストレッチなどの軽い運動は、疲労回復に効果的です。
ストレッチは、縮んだ筋をゆっくり伸ばすことにより、血流を良くし、
その結果、酸素および栄養補給が筋の隅々まで行き渡り、疲労の回復を早めます。

筋肉を使わないでいると筋力が低下し、疲れやすくなります。
疲れにくいカラダ作りという点でも適度な運動は必要です。
また、よい睡眠に繋がるだけでなく、ストレスの解消にも効果があり、
気分もリフレッシュされます。

出典 http://alinamin.jp

癒しは自分でつくりだすもの、なんですね!

日常から一瞬でも解放される

最近、注目されてきているのが 「家事は完ペキに全部こなさなくてもいい」 という考え方。
なので、どうしても家事がまわらない、という方は、以下のふたつがオススメ。

 7. 家事代行
 8. シルバー人材センター

家事代行は、いろんなサービスがあるので
住んでいる地域では何があるのか、調べてみるだけでもいいかも。
シルバー人材センターはどこにでもある上に、リーズナブルなので
利用価値あり!


日常から抜け出すには、環境を変えるのも大切。

 9. 海や山など自然を感じる場所

私は、海へ行って、広々とした海原を眺めることが好きです。
世界は広いな、自然は雄大だな、と肌で感じることで
心も広がっていく気がするから。
自然のパワーをもらえば、いつの間にか心が落ち着いていることが多いですね。

個人的な趣味かも…だけど、いつも頼りにしているスペース

それは

 10. 図書館

です。

よき相談相手でもあり、現実から解放させてくれるのが本。
子どもの絵本もいっぱいありますし、
読み聞かせの会などのイベントも開催されていたりするので
図書館は、子連れでも楽しめる場所です。

子育ては長期戦。
自分がリラックスできるモノ、ヒト、場所を発見し
うまく息抜きをして、イライラ解消をしていきたいですね。

この記事を書いたユーザー

飛花くるみ このユーザーの他の記事を見る

2歳の娘を育てているママ。
子どもがいるせいか、
育児をしている人は無条件で応援したくなる今日この頃。

平日は保育園に娘を預けて、お仕事。
娘とずっと一緒にいたいけれど、生活のためと、
私の精神安定のために「働くママ」を選択。
土日はまったり育児で、親バカぶりを満喫。

そろそろ、もうひとり産みたいなぁと妊活中。
でもやってることとは、たま~にやるヨガくらい。
(ヨガは妊活になるのか!?)

モンハン大好きなダンナさまと、慎重派の娘と、
日々を過ごしています。

なるべく前向きに子育てできれば、というのが理想☆


投稿する記事には、愛情をたっぷり込めています。
少しでも、ほんのりとでも、心に暖かさが伝わるといいなーと考えつつ、
今日もネタ探し中。


そうそう
フェイスブックでのママ友申請はOKですよ♪

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス