記事提供:Doctors Me

Doctors Me 編集部です。
「布ナプキン」をご存知ですか? どこで売っているのか分からない、周りに使っている人がいない、もれないか不安……などと感じている人もいるかもしれませんね。
今回は、布ナプキンの特徴やメリット・デメリットを医師に聞いてみました。

■ 昔はみんな、布ナプキンを使っていた!

現在の使い捨てナプキンが欧米から輸入され、日本で製造が始まったのは、1960年代のこと。それまでは、みな布を使って毎月訪れる生理に対応してきたのです。

機会があれば、60歳以上の先輩方に話を聞いてみましょう。布ナプキンを使っていたころの話が聞けるかもしれませんよ。

■ 目からウロコのメリット4つ

1. 生理痛が軽くなる

出典 http://www.gettyimages.co.jp

個人差がありますが、布ナプキンを使うと生理痛が軽くなる人がいます。経血のたまった紙ナプキンは冷えにつながり、生理痛をひどくする可能性があるのです。

2. 不快感の改善

出典 http://www.gettyimages.co.jp

紙ナプキンには高分子吸収体が使われています。はじめは快適でも、経血がナプキンにたまれば通気性が悪くなり、むれやかゆみなどの不快感が出てきます。コットンやリネンから作られた布ナプキンは、不快感が少ないといえます。

3. ゴミの削減

出典 http://www.gettyimages.co.jp

洗って繰り返し使えるため、経済的です。

4. 体調管理ができる

出典 http://www.gettyimages.co.jp

使用後の布ナプキンを洗濯する時に、体調と経血量を比べてみることで、その日の体調が把握できます。

■ デメリットも知っておきたい!

1. もれ
経血量の多い日はどうしてももれが不安になりますね。量の多い日や外出する時、寝る時など、気になる場合は紙ナプキンを使いましょう。

2. 交換時に持ち帰りが必要
ナプキンは当然、交換が必要です。使用後の布ナプキンを持ち歩くことになるので、初心者は量の少ない日に自宅で使ってみましょう。

3. 洗濯が面倒

重曹系の洗剤につけおき洗いすれば、こすらずに汚れが落ちます。経血を含んでいるため家族のものとは分けて手洗いし、天日干ししたほうが衛生的です。

■ 医師からのアドバイス

布ナプキンは、ネット通販で購入することができます。
一度購入すると、かなり長い間使うことができます。また、コットンやリネンなど、肌着と同じ素材で作られているものや、かわいい柄やデザインのものがたくさんあるので、選ぶのも楽しいですね。
まずは生理が軽い日で自宅にいる時から、始めてみませんか?

この記事を書いたユーザー

Doctors Me(ドクターズミー) このユーザーの他の記事を見る

Doctors Me(ドクターズミー)は、医師、薬剤師、歯科医、栄養士、カウンセラー、獣医に相談できる、ヘルスケアQ&Aサービスです。医師をはじめとする専門家が解説する人気コラム、病気・症状の体験談等を配信中!

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス