もうすぐ夏休み。子ども達とどこへお出かけしようか、お悩みの方も多いはず。
本日は、関東近郊の無人島探検スポット!猿島(神奈川県横須賀市)についてご紹介します。

無人島を探検するもよし、海水浴や磯遊びもよし、BBQを満喫するもよし、子供も大人も楽しめるスポットが盛りだくさん。ファミリーのお出かけにとてもオススメです。

猿島は東京湾に浮かぶ唯一の無人島で、湾内最大の自然島でもあります。
猿島ではバーベキューや釣り、貴重な歴史遺産散策、磯遊び、そして夏には海水浴などを楽しむことができ、京急線「横須賀中央」駅から徒歩と船で約30分と気軽に行ける観光スポットです。
四季折々の魅力あふれる無人島で、あなただけのとっておきの時間を過ごしてみませんか?

出典 https://www.tryangle-web.com

猿島へは船で10分!

出典photo by meme

時刻表と料金

出典 https://www.tryangle-web.com

猿島へ上陸

出典photo by meme

無人島・猿島の注意事項

出典 https://www.tryangle-web.com

皆が気持ちよく過ごせるように、ルールを守りましょう。

Point1: 無人島探検隊。歴史遺産を巡る!

出典photo by meme

猿島は、旧帝国軍の要塞があった場所。猿島に上陸したからには一度は参加してほしい、ガイドツアー。専門のガイドさんと共に史跡を巡ることが出来ます。ガイドツアーへの参加には事前の予約が必要です。詳細については下記のHPをご参照ください。

Point2: 要塞探検

出典Photo by meme

ガイドツアーに参加すると、通常では立ち入ることのできない、マル秘スポットに潜入することができます。こちらは旧弾薬庫。中は真っ暗です。なかなかスリリングな場所があったり。

猿島にはかつて砲台が置かれ、東京湾を守る要の役割をしていました。そう、ここは〝要塞の島〟だったのです。当時は一般人の立ち入りが禁止されていたため、貴重な自然や歴史遺産が残されたことにより、平成27年に「国史跡」に指定されました。

出典 https://www.tryangle-web.com

出典photo by meme

こちらのトンネルは、関東大震災でも崩れなかった頑丈な作り。レンガを1つ1つ手で積んで作られているなんて!後世まで大切に残していきたいですね。

出典photo by meme

切り通しを抜けると海~!ガイドツアーの終着点は、東京湾を見渡す広場。綺麗でした。

歴史遺産散策をするなら、成り立ちや役割なども知りたいもの。そんな時に強い味方になってくれるのが、猿島を知り尽くしたガイドさんです!ぜひ、猿島をめぐるフシギな歴史をたどりながら、無人島を歩いてみませんか?

出典 https://www.tryangle-web.com

Point3: 海風を浴びながらのBBQは最高!

出典 https://www.tryangle-web.com

BBQ機材レンタルの予約は1ヶ月前から受付が開始されます。混雑時は、当日レンタルできない場合もあるので、事前の予約がオススメです。

東京湾に浮かぶ無人島 猿島では、BBQに必要な機材を全てレンタルしているので、好きな食材さえ持ってくれば、気軽にBBQを楽しむことができます。 使い終わった機材は洗わずに返してOK。夏の海水浴や年間通して楽しめる釣りや散策と同時に楽しめるのも魅力です。

出典 https://www.tryangle-web.com

Point4: ビーチで海水浴&釣りを満喫

出典 https://www.tryangle-web.com

海岸線には、沢山の海藻や貝類が打上げられているので、集めてみるのも楽しいですよ。

2015年7月11日(土)〜8月31日(月)、海水浴場がオープンします。無人島で、対岸に横須賀の街並みを眺めながら遊べる海水浴場はとってもレア! 夏の間は専属のレスキューチーム(監視員)が常駐しているので、安心して遊泳することができます

出典 https://www.tryangle-web.com

Point:5 三笠公園で「記念艦 三笠」を見学

出典photo by meme

猿島と三笠公園を結ぶ定期連絡船は1時間に1本。夕方以降は混雑が予想されるので、子連れでお出かけされる際には、早めに切り上げることをお勧めします。

三笠公園に戻ってきてから、是非とも訪れたいのが、ひときは目立つ、「記念艦 三笠」。全て見学するのに1時間以上かかる、見応えのある大きな船です。階段が沢山あるので、いい運動になります…

関東近郊の子連れにオススメなお出かけスポットとして、猿島の魅力についてご紹介させていただきましたが、いかがでしたか。夏休みのお出かけのご参考になれば嬉しいです。

この記事を書いたユーザー

meme このユーザーの他の記事を見る

はじめまして。モノづくりが大好きな、2児の男の子のママです。イイな、欲しいな、食べたいなと思ったら、まず作ってみるをモットーに子育てな毎日を楽しんでいます。
レインボールームオフィシャルインストラクター、ジュニア野菜ソムリエとして「smart life ecology + Design」を主宰しています。著書に「Rainbow Loom×SHIPS KIDS親子で楽しむアクセサリーキット」「レインボールームおしゃれアクセサリーLESSON BOOK」等。ブログもよろしくお願いします→http://ameblo.jp/megumiki3/

権利侵害申告はこちら