情報提供:Doctors Me

Doctors Me編集部です。
ブラジャーを外して寝ると形が崩れるとか、付けたままだと乳がんのリスクが高くなるなどさまざまな噂がありますが、実際はどちらが正しいのでしょうか。医師にその真偽を聞いてきました。

■ 就寝中もブラジャーは必要だった!

締め付け感や息苦しさから、就寝中はブラジャーを付けない、という方もいるかもしれません。しかし、寝ている間はバストの形が崩れやすい状態なのです。これを放置してしまうと、バストの下垂といった老化を促進させることになるのです。それでなくても、バストは体の他の部位よりも老化が早く、20代からバストの下垂を実感している人も少なくありません。
しかも、一度垂れてしまったバストは元に戻すことができません

そのため年代を問わず、夜寝る時にも、家でのリラックスタイムにも、バストを補正するべくブラジャーは欠かせないアイテムなのです。

■ 自宅では、ナイトブラジャーを着用しよう

とはいえ、普段つけているようなブラジャーでは締め付けが強くかえって体の負担に。
そこでおすすめなのが睡眠時用に開発されたナイトブラ。ノンワイヤー仕様なのでイヤな締め付け感が少なく、その上、補正はしっかりしてくれるので睡眠が妨げられることもなく、快適に過ごすことができます。

■ 乳がんリスクは大丈夫?

アメリカの研究では、12時間以上のブラジャー着用も乳がん原因のひとつだったという結果もあります。
しかし、その原因はブラジャーによる締め付けつまり、締め付けが少なく、かつ補正力に優れたナイトブラジャーであれば、その問題もクリアできるといえそうです。

■ まとめ

最近では、成長期の女性でも付けられるソフトタイプのナイトブラや、授乳中の方専用のものなど、さまざまなタイプのものが販売されています。
自分のバストにフィットするナイトブラを活用して、女性の大敵「バストの下垂」を未然に防いでいきたいですね

この記事を書いたユーザー

Doctors Me(ドクターズミー) このユーザーの他の記事を見る

Doctors Me(ドクターズミー)は、医師、薬剤師、歯科医、栄養士、カウンセラー、獣医に相談できる、ヘルスケアQ&Aサービスです。医師をはじめとする専門家が解説する人気コラム、病気・症状の体験談等を配信中!

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス