6月23日のNHK『あさイチ』で、「ルイボスティー」が特集されました。このお茶、今大注目を浴びているんです。それには身体にとても良いこと、そして飲みやすい容器が売れていることなど、人気の秘密がたくさん。今日はそんな「ルイボスティー」に迫りましょう!

「ルイボスティー」とは?

出典 http://www.gettyimages.co.jp

「ルイボスティー」とは、「ルイボス」というマメ亜科の一種の葉を乾燥させて作る飲み物。意外にも知られていないのが、南アフリカ共和国の一部でしか栽培できないという、珍しいお茶なんです。

成分には、ミネラル、マグネシウム、鉄分、亜鉛、ポリフェノールなどがあり様々な効果を生み出すと言われています。また、ノンカフェインなので身体にもやさしいです。

出典 http://hfbelx.co.jp

と、あるように、まずノンカフェインであることから幅広い人に飲んでもらいやすいこと、そして様々な成分が入っていることで、身体に起こる色々な問題を解決してくれることが特徴と言えます。

どんな効果が期待できるの?

出典 http://www.gettyimages.co.jp

・コレステロールを抑え血液をサラサラにする。
・血液がサラサラになることで便秘予防になる。
・活性酸素を抑制すれば病気予防になる。
・妊婦に必要な鉄分が含まれている。
・亜鉛やミネラルにより冷え性などの状態から温める。
・ポリフェノールの抗酸化作用で脂肪を燃焼し新陳代謝が良くなる。

出典 http://hfbelx.co.jp

以上のような効果が期待できるそうです。また、

ノンカフェインでミネラル豊富、肌荒れ・アトピーにも効果があり、アンチエージングも期待されています。

出典 http://hfbelx.co.jp

ともあるように、アンチエイジングなどにも効果が期待できるとのこと!これでいてノンカロリーですから、飲まずにはいられなくなってきますよね。

「ルイボスティー」が買える場所は?

出典 http://hfbelx.co.jp

番組でも触れられたのが、横浜や渋谷ヒカリエなどにある『H&F BELX』というルイボスティー専門店。様々なブレンドやフレーバーで数十種類のルイボスティーが取り揃えられています。

出典 http://hfbelx.co.jp

売れ筋ナンバーワンは、この「ルイボスティー ティーバッグ マルチフルーツ 50g」(720円)だそう。ルイボスティーの良さはそのままに、フルーツのフレッシュさと甘さが同時に楽しめる一品とのこと。ティーバックで20袋入っていて、1バッグで約1.5リットルのお茶が飲めるとは、コストパフォーマンスも良く、それも人気の秘密と言えそうですね。

ティーポット不要のガラスタンブラー!

出典 http://hfbelx.co.jp

そして『H&F BELX』の特徴は、このガラスタンブラーにもあります。タンブラーの底に茶葉を入れれば、そのまま水出しでルイボスティーが味わえるんです。筆者も友人に勧められたことがありますが、お値段は2,600円(380mlサイズ)からあって、比較的お手頃。ヘルシーなお茶を手軽に楽しめるとあって、ローラさん、木下優樹菜さん、高橋みなみさん、島崎遥香さんも愛用しているそうです!

ルイボスティー専門店は他にもある!

出典 http://www.rtroom.co.jp

じわじわと流行ってきている「ルイボスティー」だけに、専門店は他にもありました!まずご紹介するのは、長野県軽井沢町にある『RT ROOM』。オンラインショップでは、お試しセットが送料無料になるなど、初めて「ルイボスティー」を購入するという方にも優しいお店です。

出典 http://naturastyle.jp

続いてご紹介するのが、ルイボスティーの通販専門店『なちゅら』。フレーバーや量に応じてお好みのルイボスティーを選ぶことができ、さらに全品送料無料。お手頃に始めたい人にぴったりですね。

出典 https://www.tiger-japan.co.jp

最後にご紹介するのは、TIGERという会社が直輸入で提供している『ルイボスティーオーガニック』。通常のティーバックは1つから購入できる他、500mlや2lのペットボトル専用商品の取り扱いもありました。

ノンカフェインでミネラル豊富、アンチエイジングも期待できる「ルイボスティー」。始めたくなった方も多いのではないでしょうか?これからの暑い季節、水出し紅茶もぴったりですね。皆さんもぜひ「ルイボスティー」を生活に取り入れて、ヘルシーな毎日をお過ごしください♫

この記事を書いたユーザー

まも このユーザーの他の記事を見る

パン屋巡りとサッカー・フットサルが趣味。出版社での編集職を経て、現在ライター2年目。プライベートでは競技フットサルチームのスタッフとしても奮闘中。

権利侵害申告はこちら