脳科学おばあちゃん久保田カヨ子

出典 http://www.amazon.co.jp

子どもの脳の成長の話をしたら必ず登場する。脳科学おばあちゃん久保田カヨ子さん

砂で遊ぶことが脳にいいと推奨

「砂で遊んでいると、まずは手の感覚(触角)から様々な情報が入ってきます。
柔らかい、硬い、押したらつぶれるとか。
子供はね、砂で遊んでいると、自然と造形し始めるんですよ。
プリンのカップに砂を入れてひっくり返して山を作ったり、
ペットボトルの蓋を見つけて同じことをしてみたり。
子供らは勝手にドンドン考えるの」

出典 http://blog.livedoor.jp

この様に、砂をつかんだり体重を乗せたりすることで、体感・皮膚感覚を養う事ができ、砂に足をのせるだけでバランス感覚が養え、砂が動いたりすることも感じることができる。砂場で遊ぶ場合は、小さいときは足で砂を感じるだけでOK。大きくなったら友達やママと一緒に遊ぶことで社会性も養える場所となる

子供を砂場、公園に連れていけない場合におすすめ

最近は砂場や公園で遊ばせたくないと考える人や忙しくて子供と公園に行くことができないという人が増えているようです。そんな人に脳科学おばあちゃん久保田カヨ子さんがおススメするのが、家の中で砂遊びができる砂遊びキット「キネティックサンド」です。

砂遊びキット「キネティックサンド」とは

出典 http://item.rakuten.co.jp

「ギュッと握ったら、湿った土のようにかたまり、崩したらサラサラとなる。この加減が絶妙」とカヨ子先生も絶賛している不思議な砂です。

カラーバリエーションも豊富で創造性をさらにアップ

出典 http://www.amazon.co.jp

砂遊びキット「キネティックサンド」には様々な色が付いているもの販売されています。なので、子供の創造性がさらにアップ脳が活性化されること間違いなしですね。

子どもの集中力がすごい

私の家ではピンク色の砂遊びキット「キネティックサンド」を1キロほど購入して持っているのですが、3歳の子供は遊び始めると放っとくと1時間以上は一人で黙々と遊んでしまうほど集中します。一緒に造っても楽しいし、一人で黙々と遊ばせてもいいといううちでは一番のおもちゃになっています。

この記事を書いたユーザー

ぴか このユーザーの他の記事を見る

静岡生まれ、大学は北海道、その反動で定職にもつかず卒業後は沖縄にて、半年ほどチャリダーをして島々をまわり、東京でお金をためてインドで3ヶ月バックパッカーに、日本に戻ってからは大阪で生活していたが結婚を期に実家の静岡で農業をやるも、考える所があり現在は再び沖縄で生活中の2児の父親です。

得意ジャンル
  • ゲーム

権利侵害申告はこちら