みなさんチャーシューはお好きでしょうか?ラーメンやチャーハンの具に使ったり、肉まんなどの具としても使われているため、口にする機会は多いと思います。

チャーシュー(叉焼)とは本来、豚肉を焼いた料理の一種で、保存食的な意味合いも兼ね備えた料理です。おつまみや常備菜としても非常に使い勝手が良く、作り方も簡単です。

チャーシューの作り方

タレに漬け込む時間や、肉を焼くのに時間はかかりますが、待っている時間は自由にできるのでレシピの印象よりも手間はかかりません。

豚肩ロースorばら肉塊(なるべく脂の少ないもの)500グラム~1キロ
砂糖100グラム
醤油70CC
オイスターソース小さじ2
おろししょうが少々
芝麻醤(なくても可)小さじ2

出典 http://cookpad.com

非常に甘い状態になりますが、タレ自体を食べるわけではないので問題ありません。

砂糖をたくさん使用しますが、砂糖によって加熱時に肉がかたくなることを防ぎ、歯切れよく、ほぐれやすくなるんだそうです。

1 やや大きめのボウルにつけダレの材料をすべて混ぜ合わせる。

出典 http://cookpad.com

2 肉は繊維にそって厚さ2~3センチほどの短冊に切る。(この方が火の通りがいいし、味もよくつく)

出典 http://cookpad.com

家庭で作る場合にはあまり大きい塊肉を使うと中まで味が染みないため、適度な大きさにきるほうが好ましいそうです。

3 つけダレに肉をつけ、タレをよくからめて、冷蔵庫で少なくても半日ほどおく。時間があれば1日置くほうがおいしくなります。

出典 http://cookpad.com

4 210度~220度のオーブンで40分ぐらい焼く。

出典 http://cookpad.com

5 食べやすい厚さにスライスして、お皿に盛る。 肉を漬けて置いたタレは(そのままでもいいですが)一度沸騰させて漉してかける。

出典 http://cookpad.com

タレに漬け込む時間や、肉を焼くのに時間はかかりますが、待っている時間は自由にできるのでレシピの印象よりも手間はかかりません。

作り方のコツ

焼いてこそ叉焼なのです。煮て作るのは煮豚。うまい焼き豚のコツはこのビックリするほど甘い漬けダレ!です。肩ロースのブロックが手に入ればベスト!漬ける時間は短いより長いほうがおいしいです。

出典 http://cookpad.com

このレシピで作った人たちの感想

このレシピで作った人の報告は3000を越えており非常に人気のレシピとなっています。
また、クックパッドの大好評レシピという本にも掲載されたそうです。

いつもお世話になってます(*^^*)美味しすぎ♡

出典 http://cookpad.com

ロースを3日漬けで♪簡単に本格的な叉焼出来、美味でした~❤

出典 http://cookpad.com

豚肉が最高に好きな息子と2人でおかわりしつつ完食!ハッピー満腹♡

出典 http://cookpad.com

チャーシュー作る人が増殖中?!

Twitterにも自分でチャーシューを作るという人がたくさん居ました。

自宅で作る場合は、出来合いのものを買うよりも経済的なだけでなく、作る過程が楽しめたり、自分好みの味に調整することができるという利点もあります。

多少時間はかかりますが、作業自体は大して時間はかからないので、一度手作りチャーシューに挑戦してみてはいかがでしょうか。

この記事を書いたユーザー

たつや このユーザーの他の記事を見る
得意ジャンル
  • マネー
  • インターネット
  • 育児

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス