いくつになってもお肌に潤いを持たせたい。全身の保湿を手軽にしたい。

出典 http://www.gettyimages.co.jp

このように思われる方が多いのではないでしょうか。
保湿はボディローションやボディミルクの他、ソルトスクラブを使われる方も多いかと思いますが、最近「シュガースクラブ」が話題になっています。

今回は、ソルトスクラブとの違いや、シュガースクラブの効果、作り方をご紹介します。

シュガースクラブの効果とは…。

出典 http://www.gettyimages.co.jp

シュガースクラブとは、名前の通り「砂糖スクラブ」です。

砂糖は粒子は塩より比較的角が鋭くなく溶けやすいのが特徴です。お塩に比べて溶けやすいので、かたくなった古い角質を取るのには適していませんが、肌当たりがよく比較的低刺激、保水作用もあり、マッサージすることで保湿作用も期待できます。

ソルトスクラブの効果とは…。

出典 http://www.gettyimages.co.jp

お塩は粒子が粗く溶けにくく、お肌のごわつきの原因となる古い角質を取るのに
適しています。発汗や引き締め効果も期待されますが、お肌が敏感な方の場合、塩がしみる、痛いと感じる方もいらっしゃいます。

シュガースクラブと、ソルトスクラブどちらを使うべき?

出典 http://www.gettyimages.co.jp

赤ちゃんにも使えるほどお肌に優しいシュガースクラブ。

お肌を引き締める塩の作用に対して、砂糖はお肌をしっとりと柔らかくしてくれる効果があります。デトックスをする時にはお塩、潤いを与えたい時にはお砂糖、と言う風に分けてみると、良いと思います。

シュガースクラブを作るために必要な材料はこちらです。

出典 http://www.gettyimages.co.jp

材料はこちらを使用します。

1,砂糖:甜菜糖がお肌に馴染みやすいです。その他、ブラウンシュガーか白砂糖でも代用することができます。

2,バージンココナッツオイル、もしくはオリーブオイル。
➡バージンココナッツオイルやオリーブオイルは、オイルの成分がヒトの体脂に似ているため、おすすめ致します。

3,お好きなエッセンシャルオイル。アロマオイルでも可能ですが、体に使用するものですので、なるべく純度の高いものを使用しましょう。


作り方はとってもカンタンです。

出典 http://www.gettyimages.co.jp

お砂糖とオリーブオイルを、1:1の割合で混ぜ合わせます。エッセンシャルオイル(アロマオイル)はお好みで、1~2滴を混ぜ合わせてください。

混ぜ終わったら、蓋のある瓶に入れましょう。

出典 http://www.gettyimages.co.jp

瓶に入れたら、それぞれの素材が馴染むようにしっかりと振って混ぜ合わせたら完了です。お子様と一緒に作ることもできるカンタンレシピです。

シュガースクラブの効果を出すためのポイント。

出典 http://www.gettyimages.co.jp

1,シュガースクラブの使用前にはお肌を綺麗にしておくこと。

2,スクラブでお肌をこすらないこと。(お肌を痛めないよう優しくケアをします。)

3,スクラブ後、少しの時間、置いておくこと。(これにより、お肌の保湿度合いがぐんとアップします。)

4,スクラブを洗い流す時も、からだをこすらないようにすること。

ちょっとしたコツですが、気をつけるだけで保湿効果が違ってきますので、ぜひ実践してみて下さい。

お肌が潤うと、自然と笑顔がこぼれます。

出典 http://www.gettyimages.co.jp

お肌の調子が良いと、嬉しくなりませんか。

シュガースクラブは、お顔やボディ、頭皮のケアに至るまで、ほぼ全身に使用をすることができます。お手軽なケアで、しっかりとお肌を保湿しましょう。


この記事を書いたユーザー

Asuka Yamamoto このユーザーの他の記事を見る

ビューティブロガー。

得意ジャンル
  • 美容、健康

権利侵害申告はこちら