赤ちゃんの抱っこひもが上手く合わないと悩んでいませんか?

私の家でも人気の高いエルゴの抱っこひもを購入したのですが身長150㎝のなで肩の奥さんにはまったくと言っていいほどサイズが合わない物でした。そんな中であったのがボバラップ絶対的にお勧めできる商品です。

ボバラップとは

出典 YouTube

ベビーラップとも呼ばれる抱っこひもの種類です。長い伸縮性のある布を体に巻きつけて赤ちゃんを抱っこするというものです。

体に巻きつけて使うからぴったりフィット

お母さんの体に巻きつけて使用するので、どんな体のサイズの人でもなで肩の人で問題なく使用できるのがボバラップのいいところです。

肩の負担が非常に少ない

抱っこ紐は基本的に肩や腰で支えるイメージですよね、ボバラップの場合布が当たっている部分全体で支えるので、肩や腰が痛いということが非常に少なくなります。

メリットでもありデメリットでもある

布を巻きつけていますので、夏などは暑いと感じる人もいると思います。しかし、その反面冬場は暖かいというメリットもあり、どうとらえるかはあなた次第です。

赤ちゃんは落ち着く

非常に密着性が高いので赤ちゃんは落ち着く傾向が強いと思います。

男女共有可能

もちろんお父さんとお母さんどちらのサイズにも対応できるのでお父さんも使うことができます。

赤ちゃんは出しにくいのが欠点

赤ちゃんが寝た時に寝たまま抜き出すことが非常に難しいです。購入される方はその辺はあきらめて購入することをおすすめします。

エルゴの抱っこひもで失敗したところ

出典 YouTube

様々な抱き方ができて利便性の高いエルゴですが、個人的に使用してみての問題点が数点あったので紹介します。

外国人サイズ

エルゴは外国メーカーの抱っこ紐です。なので企画が外国人女性です。よって想定されているサイズは比較的大きめだと考えられます。だからうちの奥さんの場合肩も腰も痛くなるので上手に使えない状態でした。ちなみに165㎝の私は、そこまで問題なく使用できました。

腰のマジックテープには注意

腰の部分を固定するタイプも様々なものがあり、私の家で使用していたものはマジックテープタイプの物でした。マジックテープタイプの物は他よりも腰回りが安定している用に思えますが、赤ちゃんが寝た時、上手に置けた時、マジックテープのビリビリという大きな音で起きてしまうという失敗を多々繰り返しました。

好みはいろいろありますが

個人的には抱っこしていて疲れないのが一番です。特になで肩で紐がずれることに悩んでいるお母さん、小柄なお母さんにはボバラップがおすすめです。

この記事を書いたユーザー

ぴか このユーザーの他の記事を見る

静岡生まれ、大学は北海道、その反動で定職にもつかず卒業後は沖縄にて、半年ほどチャリダーをして島々をまわり、東京でお金をためてインドで3ヶ月バックパッカーに、日本に戻ってからは大阪で生活していたが結婚を期に実家の静岡で農業をやるも、考える所があり現在は再び沖縄で生活中の2児の父親です。

得意ジャンル
  • ゲーム

権利侵害申告はこちら