記事提供:Doctors Me 

Doctors Me編集部です。
先日、離婚を発表したタレントのスザンヌさん。離婚要因は、遠距離生活による“すれ違い”にあるとブログにて説明していました。また、「出産、育児に、いっぱいいっぱいになってしまい、彼に対して思いやりを持つことが出来なかったのかもしれません」と結婚生活を振り返っていたそうです。

また、今回の離婚の裏には、産後2年以内に起こるという産後クライシスに陥ったのではないかとの憶測が広がっています。

過去には、山田優さんはマタニティーハイなのでは?とのニュースもありました。妊娠中からテンションが高かったり、産後間もなく、息子を外に連れ回し、友人にお披露目したりと“産後ハイ”が疑われていました。

ではこの、産後クライシスとは何なのか、詳しく見てみましょう。

出産後に起こる夫婦の危機のことです。「出産後2年のうちに夫への愛情が40%も下落する」(ベネッセ教育総合研究所調べ)という現象を受け、NHKのテレビ番組「あさイチ」にてこの言葉が誕生しました。

原因として、何が考えられるの?

夫の子育てへの関わり方や家事の分担に、強い不満をもつことから起こると考えられています。

また、
・出産後の母親のホルモンバランスの崩れなどの生理作用
・子育てへの不安
・ライフスタイルの変化
なども、産後クライシスに陥る要因として関わってきます。また、夫がどんなに協力的で、育児や家事を頑張ってくれていても、産後クライシスになることもあるのです。

産後クライシスチェック!

あなたの「産後クライシス」度をチェックしてみましょう。
ひとつでも当てはまるものがあれば、産後クライシスに陥っているかもしれません!

□出産後セックスレスだ
□もっと夫に育児や家事を手伝ってほしいと思っている
□友人や知人の夫を見ると、自分の夫との違いを感じて焦る
□出産後も父親の自覚のない夫にイライラする
□出産前後で夫が浮気をした

まとめ

産後クライシスに陥る要因として、ストレスや産前産後のホルモンバランスの乱れなどが考えられます。一人で無理をしたり、悩みがあっても抱え込んでしまうことのないよう周りの人に頼ったり、一人で過ごせる時間などもつくってみても良いでしょう。

(Doctors Me 医師監修コラム)

この記事を書いたユーザー

Doctors Me(ドクターズミー) このユーザーの他の記事を見る

Doctors Me(ドクターズミー)は、医師、薬剤師、歯科医、栄養士、カウンセラー、獣医に相談できる、ヘルスケアQ&Aサービスです。医師をはじめとする専門家が解説する人気コラム、病気・症状の体験談等を配信中!

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス