アメトーク「勉強大好き芸人」で紹介されたリフレッシュ法

人気番組アメトークの「勉強大好き芸人」でおすすめのリフレッシュ方法を紹介していました。そんな中オリエンタルラジオの中田敦彦さんの紹介したリフレッシュ方法がすごかった。

オリラジあっちゃんのリフレッシュ方法は

リフレッシュの仕方

中田さんは勉強の際のリフレッシュについて、こう言っていました。

「ズバリ言いますよ。違う教科をやること。」

「皆さんがイメージしているリフレッシュってこっちですよね?」

「ゲーム、漫画、インターネット、スポーツしたり、スイーツ食べたり、DVD見たり、足湯に入ったり。そういうことですよ。」

「これなんでマズイかって皆さん気付いてるんですよ。」

「戻って来れなくなりますよね?」

「だから、これね。考え方が違う。本当のリフレッシュはご褒美じゃない。」

「むしろ、味変えなんですよ。」

「味変えってどういうことかっていうと…コーンポタージュ飲んでました。大好きだけど、飽きてきましたよね?その時に違う物食べますよね?」

「味変えってどういうことかというと、違う教科をやることだ!」

「これが出来るようになったら凄いですよ。」

「日本史頑張って飽きたな~と思ったら、数学やる。数学やって飽きたな~と思ったら、英語やる。英語やって飽きたな~と思ったら、地理やる。これが出来る受験生想像してみてください。」

「これ、無限、リフレッシュ状態だ!」

出典 http://ameblo.jp

無限リフレッシュ状態

仕事と言っても色々な仕事がありますよね。同じ仕事ばかりしているとどうしても飽きてしまう、デスクワークに飽きたら外回り、デスクワークでもPCに飽きたら書類整理なんていう感じにやることができれば、それは無限リフレッシュではないのでしょうか?

引きこもり専門カウンセラーも絶賛

● オリラジ中田
敦彦さんの無限リフレッシュ状態
こんばんは、山根貴子です。
先日、子供が録画してたアメトーークを見ていて、すごいなと思ったのが、オリエンタルラジオのあっちゃんこと中田敦彦さんの「リフレッシュ法」です。
中田さんは、慶應義塾大学経済学部卒業。

私の仕事もデスクワーク中心

私の仕事はデスクワーク中心の仕事なので、同じ仕事でもできるだけ同じものを続けて行うようにして、飽きた時にその対極にある仕事を手に付けるようにしてみました。なんとなく仕事に集中できる時間が増えたような気がします。

この記事を書いたユーザー

ぴか このユーザーの他の記事を見る

静岡生まれ、大学は北海道、その反動で定職にもつかず卒業後は沖縄にて、半年ほどチャリダーをして島々をまわり、東京でお金をためてインドで3ヶ月バックパッカーに、日本に戻ってからは大阪で生活していたが結婚を期に実家の静岡で農業をやるも、考える所があり現在は再び沖縄で生活中の2児の父親です。

得意ジャンル
  • ゲーム

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス