没後50年で再び注目されている江戸川乱歩作品の新装版が角川書店と春陽堂書店から発売されています。その妖しい美しい美しさにツイッターでは感動の声が。

角川ホラー文庫

角川ホラー文庫からは「屋根裏の散歩者」「孤島の鬼」「芋虫」「人間椅子」の4冊が期間限定の新装カバーで登場です。

十代の頃「芋虫」を読んでドキドキした筆者は、「あなたは私の、愛しいけだもの」というフレーズにやられてしまいました…!素晴らしいコピーですね。

春陽堂

黒字に赤い文字、多賀新さんの銅版画が妖美な春陽堂の「江戸川乱歩文庫」もリニューアル。こちらも江戸川乱歩の世界観にぴったりな装丁で、根強い人気があります。

角川版と春陽堂版、どちらも雰囲気があって甲乙つけがたいですね。

この記事を書いたユーザー

華蓮 このユーザーの他の記事を見る

子供の頃から不思議なものを見つけたら調べずにはいられない性格。ちょっと恥ずかしがり屋なのはご愛嬌。一般の人が知らない「面白い」を探すのが私の喜びです。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス