イギリス在住の22歳の「レベッカ・ブラウン」さんは、14歳の時から毎日自分の顔を撮影し、それを約4分間のタイムラプス映像にした動画をYouTubeで公開しました。

撮影期間は、2007年9月12日から2014年3月12日の6年半、2374日にも及びます。

出典 YouTube

見ていただくと分かるように、この映像は単なる成長記録ではありません。レベッカさんはこの6年半の間に「抜毛症(ばつもうしょう)」という、正常な毛を引き抜いてしまう性癖によって脱毛斑が出現する精神疾患に苦しんできました。

この映像では、彼女の抱える多くの悩みや不安を、ビジュアルの変化と共に映し出しているのです。

現在は22歳になったブラウンさん。以前よりは症状が改善されているものの、まだ完全に解放された訳ではありません。

彼女の戦いは今もなお続いています。

この記事を書いたユーザー

wagibank このユーザーの他の記事を見る

広告代理店に勤務している傍らフリーのライターとして活動中。職業柄、最新の話題に常に触れているため、皆さんに楽しんでもらえるような記事を作っていければなと思ってたりします。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス