長期間沖縄を楽しみたいという人にとってどうしてもネックになってくるのがホテル代金ですよね。そんな中沖縄には数多くのゲストハウスが存在します。ゲストハウスの多くはドミトリー形式の部屋が用意されその中には男女混合部屋という一見、夢のような部屋も存在します。

ドミトリーとは

ドミトリー(dormitory) とは、ユースホテルやゲストハウスや山小屋などの宿泊施設において、相部屋を前提とした部屋のことです。

宿泊スタイル

基本は2段ベッド

出典 http://www.guesthouse-tennoji.com

基本は一部屋にできるだけ多くの人を泊めるために2段ベッドを利用しているゲストハウスが多いですが、中には自由に布団を敷いて泊まるスタイルやベッドのスタイルの場所もあるようです。

部屋について

基本は男部屋・女部屋と別れている場所がほとんどですが、男性の数、女性の数といつも均等になるはずもなくそんなときの対処法としてミックスと呼ばれる男女混合の部屋も用意している場所も少なくないようです。

ミックス部屋というのは男性は嬉しいかもしれませんが、女性にとってはなかなかハードルが高いと思います。しかし、基本的にはグループで来た人や長期間ゲストハウスに滞在していて気心が知れた中の人などが集められてミックス部屋が作られるので安心してください。

私も長期間滞在した時に何度かミックスに移動になりましたが基本は男部屋生活でした。

協同スペース

ゲストハウス・ドミトリーではベッドや布団の場所のみが自分の場所で後は協同スペースを利用します。お風呂(基本的にシャワー)・トイレ・休憩所・キッチン・冷蔵庫などゲストハウスにより使えるもの使えない物と様々なルールがあるので、それを楽しむのも一興です。

毎晩宴会

ご飯を食べる場所も協同スペースを利用するので、毎晩のようにいろんな人がその場所に集まり話をします。私がゲストハウスを利用していた時は毎晩のように宴会になってしまっていた事を覚えています。

私がおススメする沖縄のゲストハウス

私が個人的に泊まったことがある沖縄のゲストハウスを紹介します。

まとめ

沖縄だけでも数多くのゲストハウスが存在します。その他にも京都や東京、大阪など今もなお新しいゲストハウスが増えている状態です。

ゲストハウスは様々な人と話ができとても楽しい場所です。その人々により楽しい事や嫌な事があるので自分に合ったゲストハウスを見つけて長期滞在するのもかなり楽しいと思います。

この記事を書いたユーザー

ぴか このユーザーの他の記事を見る

静岡生まれ、大学は北海道、その反動で定職にもつかず卒業後は沖縄にて、半年ほどチャリダーをして島々をまわり、東京でお金をためてインドで3ヶ月バックパッカーに、日本に戻ってからは大阪で生活していたが結婚を期に実家の静岡で農業をやるも、考える所があり現在は再び沖縄で生活中の2児の父親です。

得意ジャンル
  • ゲーム

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス