パパはアラフィフ

彦さんがブログで引退報道を否定しましたね
私も記事をみてびっくりしました
彦さんは、俳優を引退することはなく、少しの間、育休を取るだけです
侑生が生まれて2ヶ月間、私が主に育児をして仕事を控えていたので、彦さんが率先して、「次は自分が主に育児を」と言ってくれました
とは言っても、2人でやっていくんですけどね

大渕愛子弁護士の夫で俳優の金山一彦氏が、育児のため俳優業を一時休止しているそうです。

内閣府では、「父親の育児に関する意識改革、啓発普及」としてイクメンプロジェクトを行っていますが、アラフィフになるまで育児参加が難しいという男性はかなり多いのではないでしょうか。

出典 http://dual.nikkei.co.jp

育児休暇を取れない理由のアンケートの回答を見ると、
「育児が嫌いだから」
「育児が苦手だから」
「育児をやりたくないから」
という理由はひとつもありません。つまり意識改革をしなくとも、わが子ともっと関わりたいというパパは多いのではないでしょうか。

男性の育児休暇

アラフィフ男性の魅力

出典 http://nensyu-labo.com

いまの日本の社会では、20-30代の男性と比べて、40-50代男性の年収が圧倒的に多いです。
40-50代男性が、育児休暇で給与が半分になったとしても、20-30代の満額と同じという計算なのです!

出典 http://www8.cao.go.jp

しかも、お金持ちでイクメンになる気満々の独身男性が激増しています。グラフは「未婚率」です!これからアラフィフ男性の3人に1人まで未婚者が増加すると言われています。

彼らの特徴は、
「育児休暇を取っても生活に困らない収入を確保できる」
「積極的に育児に関わりたい」
「女性がフルタイムで働いてもOK!」

あなたの周りの金山一彦さんは意外と多いようです。

この記事を書いたユーザー

平山佐知子 このユーザーの他の記事を見る

会社経営。3児と10カ国の海外旅行を経験。 日本のママを世界一にするための情報を発信しています。

得意ジャンル
  • 社会問題
  • 育児
  • コラム

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス