日本は一足お先に暑い日が続いているようですが・・
日本に負けず劣らず、暑さの厳しいスペイン。

暑さで体力を落とさないように、`夏仕様‘のお料理もいろいろ
冷たいスープ(そして栄養たっぷり!)の`ガスパチョ‘などはみなさんもご存じかと思います。
おなじみのトルティーヤデパパタ(スパニッシュオムレツ)も実は冷やして食べてもとてもおいしいのです!

そしてスペイン人にとっては欠かせないアルコール^^
(レストランでは昼から‘ワインか水か?‘と聞かれるお国柄ですので・・・)
やはり‘夏仕様‘で爽やかかつめちゃくちゃ簡単
(難しいことはできない人たちなのでww)
そしておいしい!

スペインのカクテルの作り方を紹介させていただきますね。
まずは、ビールとともにこの時期の定番

■ Clara (クララ)
ビールとレモンソーダ(ファンタレモン)を混ぜたカクテルです。
作り方はビールとファンタレモンを1:1の割合でまぜるだけ。
ビールの苦みが和らぎ、レモン風味で爽やか。口当たりがよいので飲み過ぎ注意!


■ Tinto de verano (ティント デ べラ―ノ)
アンダルシア地方でよく飲まれているカクテル。
赤ワインを炭酸飲料(セブンアップ、サイダーなど)でわりレモンを添えてできあがり。割合は、お好みで。1:1 あるいは1(赤ワイン):2(ソーダ)という感じです。


■ Agua de Valencia (アグア デ バレンシア)
バレンシア発祥のカクテル。
バレンシアらしく新鮮なオレンジジュースを使ったカクテルです。
材料は オレンジジュ-ス、カヴァ、ジントニック、ウォッカ上記の順に 2:2:1:1 の割合で混ぜるだけ。
‘口当たりの良い、でも強い‘カクテルなので、強いアルコールが苦手な人はオレンジジュ-スとカヴァだけでも十分おいしいです。

ポイントは‘おいしいオレンジジュースを使うこと‘本場バレンシアではしぼりたてのオレンジを使うそうです。


■rebujito レブヒート
アンダルシア地方のお祭りなどでよく飲まれるカクテルです。
材料はシェリー(ドライシェリー)と炭酸飲料(セブンアップ、サイダーなど)
ドライ・シェリーをタンブラーに注ぎ、炭酸飲料で満たして軽くかきまぜてできあがり。(割合は1:1でも1:2でも)お好みでミントやライムを添えるとさらにすっきり!

比較的手に入れやすい材料で基本は‘混ぜるだけ‘ですぐにできてしまうおいしくて爽やかなカクテル。
どれも口当たりがよく飲みやすいので、飲み過ぎにはくれぐれもご注意を!!!

この記事を書いたユーザー

Sakiinbarcelona このユーザーの他の記事を見る

学生時代に訪れたバルセロナに一目ぼれ。`いつか絶対ここに住む‘と心に決め、スペイン語も全く知らないままの‘飛び込み‘留学を経て移住。現在スペイン在住10年目です。まだまだ日本には伝わっていないろいろなジャンルのスペインの情報をお伝えできればと思っています。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス