isoをアップデートしたら動作が遅くなった気がする・・・

実はiPhoneなどの関連するハードウェア(iPhone・iPadなど)には、限界値がありまして、ある程度年数がたってしまうと最新のisoに対して適切ではないハードウェアになっている場合があります。結果として、動作が遅く感じたりするという事が発生するのですが、解消できるひとつのポイントがあります。

それは、メモリーの解放です。

メモリーってなに?パソコンたちが使うメモ帳のこと

メモリーとは、ものすごく簡単に説明しますと、パソコン等の機械にも「ちょっとメモっとこうかな?」と思うことがあるんです。そのメモ帳には機械によって3ページしかない機械もあれば、50ページもある機械もあります。

3ページしかない機械に対して、10ページ分のメモが必要な動作をお願いしてしまうとメモ帳が足りないよぉ!となり、ひとつひとつゆっくりメモ帳に記入して動作するため、機械を使用している人は動きが遅く感じることに繋がります。

メモ帳は増やしてあげる事が出来ないので(iPhoneやiPadは現在不可能)、使ったらすぐに前書いた分を消してあげる作業をしてあげる事で、動作が速くなる(遅さを感じなくなる)事があるのです。

超簡単!アプリで出来ちゃう「メモリーを解放」

結局よくわからない!となった方、簡単に説明しますとアプリを使ってボタンを押すだけで動作が速くなる!ということです。

そこでオススメのアプリがコチラ!

持っているiPhoneの対応するisoを確認しよう!

iPhoneやiPadなど機械自体は1度購入してしまうと、その処理能力を向上させる方法は今のところありません。そのため、その機械に追いつかない対応ソフトなどをインストールしてしまうと、動作が遅くなったり、負荷がかかりすぎる事でうまく動かないというような状態になります。

なので、アップデートしますか?と画面に表示され、なんでも「Yes」ばかりを繰り返すと、ある日「アレ?なんか動かない」という状態になりかねません。自分が持っているiPhoneやiPadがアップデートされたアプリケーションにアップデートしても対応できるかどうか調べる必要性があります。

特にisoのアップデートは要注意です!対応しているかどうか、よく確認してからアップデートしましょう!

この記事を書いたユーザー

ぽんたす このユーザーの他の記事を見る

山の麓に移住しスローライフを楽しみながら記事を書くWebライターです。
お役立ち情報など、色々な話題を発信中!

得意ジャンル
  • インテリア
  • マネー
  • 社会問題
  • 動物
  • ライフハック
  • 育児
  • 暮らし
  • 美容、健康
  • コラム
  • ニュース

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス