茶碗蒸しとは?

1689年(元禄2年)、長崎(現在の長崎県長崎市館内町)に唐人屋敷が設けられ、唐人料理から卓袱(しっぽく)料理が生まれました。その献立の一つであったのが茶碗蒸しだそうです。

伊予松山の藩士であった吉田宗吉信武は、出入りしていた長崎の肥後屋敷で初めて茶碗蒸しを食し、こんなに美味しい料理があるかと感動し、1866年(慶応年)、宗吉は「吉宗(よっそう)」の屋号で長崎県長崎市万町に茶碗蒸しと蒸し寿司の専門店を開業したそうです。

出典 http://www.chawan-mushi.jp

茶碗蒸し

出典 http://ameblo.jp

【材料(2人分)】

・卵・・・・・・・・・・・1個

・鶏胸肉・・・・・・・・・30g

・無頭エビ・・・・・・・・2尾

・かまぼこ・・・・・・・・2枚(20g)

・ぎんなん(水煮)・・・・4個

・しいたけ・・・・・・・・1個

・三つ葉・・・・・・・・・適宜

【A】

・だし汁・・・・・・・・・150cc

・薄口しょうゆ・・・・・・小さじ1

・みりん・・・・・・・・・小さじ1/2

・酒・・・・・・・・・・・小さじ1/2

・塩・・・・・・・・・・・少々

・酒・・・・・・・・・・・小さじ1

【作り方】
①卵はボウルに割りいれて、箸を広めに持ち、底に当てながら泡立てないように解きほぐす。鶏肉は一口サイズに切る。エビは背ワタを除く。かまぼこはいちょう切りにする。しいたけは石づきを除き、薄くスライスする。

②エビを耐熱皿に入れて酒をかけ、湯を沸かした鍋に入れて(湯が容器の高さに対して1/2量)ふたをし、強火で5分蒸す。(沸騰した湯が容器に入らないよう、火力は調整)

③ボウルに【A】を混ぜ合わせ、①の卵と合わせて混ぜたら、①の具材を入れ、茶こしを使い茶わん蒸しの容器に流し入れる。

④ ②と同じ要領で鍋に③を入れてふたをし、強火で1~2分蒸し、表面が白く変わったら弱火で10分~お好みの硬さになるまで蒸す。

⑤ ④に三つ葉、殻をむいた②を飾る。

直蒸し

今回のような蒸し器を使わずに鍋一つで作る調理法を”直蒸し(じかむし)”もしくは”地獄蒸し”とも言います。

ポイントは蒸している最中に沸騰した湯が入らないように鍋の湯の量は鍋に入れた容器に対して1/2量位がおすすめです。あとは蒸している最中に蓋の内側に水滴がたまり、料理の上に落ちる可能性があるのでふきんなどを挟むと良いです。

蒸籠や蒸し器で作る際も作り方は基本的に同じなのでぜひ、作ってみてください。

この記事を書いたユーザー

近藤章太 このユーザーの他の記事を見る

”息子の味をおふくろへ”をテーマに日々のレシピを
料理ブログ「息子の味」で公開中。
http://ameblo.jp/musukonoaji
忙しいおふくろに全国の味を知ってもらいたいという想いと地域活性化も合わせて郷土料理、伝統料理にスポットを当て、spotlightにて記事を公開。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス