老齢年金・厚生年金を受給している東京都内の526人が5月29日、国を相手取って「年金支給を減らした決定を取り消せ」と求める訴訟を、東京地裁に起こした。原告たちと弁護団は、東京・霞が関の司法記者クラブで会見を開き、「年金削減は憲法違反だ」と訴えた。裁判の原告は全日本年金者組合のメンバーが中心で、この日は全国13都府県の年金受給者約1500人が、同様の訴えを各地で一斉に起こしたという。

出典 http://headlines.yahoo.co.jp

年金が下がるということはそれだけ老人の収入が減るということでたしかに問題だとは思いますが、今の若い人の将来との兼ね合いもあると思っているので一概に悪とはいえないと思っています。


ところが…。こんなトンデモない事をいう人がこの1500人の中に紛れ込んでいるのです…。

税金が8%に上がったら2万円食費が増えた!?

同じく原告の小林静子さん(73)は「年金は下がる一方、物価は上がる一方。消費税が8%になったときも、これまで余っていた2万円が食費で消えていっちゃった。高齢者は、食費の他に切り詰めるところはありませんよね? お付き合いも、大事な方とのお付き合いは、切り詰めるわけにはいきません。年金制度は不安だらけです。若い人たちに『年寄りは年金で食べていけるからいい』なんて、安直なことを言われたとき、すっごく腹がたちましたね。若い人だってこれから先、自分たちの年金生活をよく考えてもらいたいと思います」

出典 http://headlines.yahoo.co.jp

月6万で生活できない等という確かに厳しいかもしれないと言う人がいる中で…。この方の発言だけは許せません…。


2万か…大変ね…と思ってはいけません。3%上がって2万増えるという状況です。考えてみてください。

我が家は食費とガソリン代、電気水道などのインフラ料などで10万円でやりくりしています。
食費が10万だったとして、3%上がった場合3千円しか上がらないのです。新卒の手取りが16~7万のこの時代ですが、まあ、ちょっと譲歩して20万だとしても、6千円です。

2万円増えようと思うと、70万位の食費ということになります。一ヶ月が30日と仮定して大体一日2万3千円の食費ということになります。ちょっとまってちょっとまってお婆さんって状況ですよね?

ホテルのレストランで3食食べても、中々この値段は行きませんよ?いや、高級ホテルのレストランとかなら別ですが…。このような食費なら切り詰めて下さいってなりますよね…。

こういう人がいると老害と言われてしまうのです…。ニュースの誤植であればいいのですが…。

こういう人達を全面に出すと…という声

本当にこういう人に全面に出てこられたら困りますよね…。老害という声を抑えられなくなりますよ…。

本当に困っている人もいるはずだがという反応

本当に困っている人もいるのですよね…。

どうしたら2万も…という困惑の声

上でも書きましたが本当に何を食べているのでしょうか…?

老害と言う声

やはり、こういう声が出てきますよね…。在日問題などと同じように全員が全員悪いわけではないし、そういう人の方が本来は少ないはずなんですよね…。

この記事を書いたユーザー

いつか笑って過ごせる日まで このユーザーの他の記事を見る

いつか笑って過ごせる日までと申します。 起業家でフリーライターです。政治からゴシップネタまで幅広く手掛けています。 残念ながら今はまだ貧乏人です…。

得意ジャンル
  • 話題
  • 社会問題
  • インターネット
  • コラム
  • ニュース

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス