シンプルかつ良質な品が揃う無印良品

最近では、リネンシャツやボーダーカットソーなどのファッションアイテムに注目が集まっていますよね!

デニムもかなりいいのです!

無印良品のデニムは、プチプラで、形が綺麗とオシャレさんからの支持が集まっているのをご存知でしたか?

種類は大きく3種類

出典 http://housekeeping.or.jp

•オーガニックコットン混デニム

無印良品が初めてデニム素材のパンツを品揃えしたのは、1987年。その当時のコピーは、「デニムは無印の根っこです」。初めてのデニムパンツは、労働者の作業着として生まれたデニム発祥の国・アメリカの大地から生まれた、カリフォルニア綿でつくりました。それから、27年。その間にも、さまざまなデニムパンツを提案してきました。暮らし方は変わり、デニムパンツは毎日のボトムとして生活に根付き、カジュアルな装いに欠かせない存在となっています。
2014年のデニムパンツの提案は、毎日のふだん着として、はき心地を重視しました。紳士はストレッチ糸をとりいれ、婦人は従来より伸縮性に優れた糸を使用しました。また、パターンを見直すことで動きやすさときれいなシルエットを実現しました。素材は、デニムパンツで歴史のあるアメリカの世界最大級のデニムメーカーの最新の技術・機械を使用し、丁寧に織り上げました。加工の技術も、日本人の持つ知識と経験を生かしました。
そして2015年。デニムも環境と生産者にやさしいオーガニックコットンにこだわりました。
初めて履いた時から、着慣れた風合いがあり、自分の体になじむデニムパンツです。

出典 http://www.muji.net

•アメリカンコットン混デニム

•ジャパンデニム

デニムのパンツが日本にも紹介され、日本人の暮らしのなかで育つうちに、重視されるようになったのが、はき込んだような気持ちの良い風合いです。
人の体になじんだ生地こそが、着心地の良い服になる。日本人のもつ職人気質が着慣れた風合いの加工技術の追求につながりました。そして、その技術は世界で認められ、日本はデニム生地の織りと加工において、世界屈指の技術を有する国と評されています。
日本で生まれた無印良品がAll Made in Japanで作ったデニムパンツは、染めや織りの歴史をもつ岡山、広島はもちろんのこと、縫製・付属に至るまで 全て日本の技術を生かして作られています。

出典 http://www.muji.net

何よりこちらのデニムのお値段3980円とかなりのプチプラなんです。

購入者の口コミは

•凄く穿きやすいし、背が低い私にもぴったり!色違いも購入考えてます‼

•履きやすい!すぐに身体に馴染みますね。アンクル丈なので折り返して履くのも良し、そのままでも可愛い。

•色の濃い方がとっても穿きやすいので、色違いでリピ。もう高いデニムいらないな…

出典 http://www.muji.net

リピート買いの方もいたり、もう手放せないといった感じでしょうか。

Twitterでも話題

やはり安定の穿き心地の良さのようですね。

素敵なコーディネートを披露する人も

いかがでしたか?ぜひ、無印良品のデニムをみなさんのワードローブに加えてみてくださいね!

この記事を書いたユーザー

Touko このユーザーの他の記事を見る

2人の娘を持つ母親です。プチプラな情報に敏感。しまむらなどのプチプラなお店が大好き。なのに元百貨店販売員(笑)

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス