ブラトップは元々はインナーとして発売されていましたが、最近はトップスとしても着用できるようなデザインのものもあります。通常のブラジャーの価格帯と比べると、かなりお手頃な価格で手に入ります。シーンに合わせあブラトップを使い分けておしゃれを楽しみましょう♪


■ノーマルタイプ
キャミソール型のノーマルタイプ。見た目もインナーのようで、つるっとした質感で、このアイテムは単品での着用はあまりないです。シャツやゆるいニットの下に合わせると、格好良く決まりますよ。白いシャツの胸元から、スッキリとしたブラトップが見えるときちんと感もでます。オフショルダーなどのゆるい首もとも、華奢なキャミソールのストラップなら見えていても安心ですね。

■タンクトップタイプ
生地素材によっては1枚でさらりと着こなしてもシンプルでサマになる、タンクトップタイプ。肩がある事で、安定感が増し、カップの丸みがよりキレイに見えますよ。ゆるっとした大きめ長袖のガウンニットとコーデしても、大きく空いたオフショルダータイプのトップスやニットから、大胆に肩を見せてしまっても安心ですね。タンクトップの肩の布の幅が細いとよりカジュアルに、肩部分の幅が広ければ少しフォーマルなイメージになります。ボトムのシルエットに合わせて緩いシルエットのもの、タイトなシルエットのものなど、組み合わせを変えてみるのが上級者★
例えば、スッキリとしたショートパンツ+ふわっとしたタンクトップ型を。ストレートなシルエットの細身パンツには、ピタッ腰のS字カーブを強調する細身のタンクトップ型。マキシ丈のロングスカートには、柄付きの華やかなタンクトップ型のブラトップを合わせてみるのもグッド。




■チューブトップタイプ
インナーとしてもっとも活躍するのがこのタイプ。ワンショルダーのトップスやオフショルダーのトップスの中に1枚着用しておくだけで、ブラのちら見え防止になります。また特に夏場には、ブラを着け、インナーを着た上に、トップスを着ると暑苦しいですよね。そんな時は1枚でサラッと着る事ができるブラトップを着用しておくと暑さも軽減。また長袖のジャケットや羽織ものの下などビジネスシーンでも活躍できますよ。

■バンドゥ・ホルターネックタイプ
短めトップスに合わせるなら、バンドゥタイプやホルターネックタイプ。短めトップスの裾からはみ出してしまうこともなく、また水着の様なデザインのポップな柄のモノも多いので、白や薄手のトップスからわざと透けさせると可愛いです。

■シースルートップスと合わせてセクシーコーデ
透け感の素材のインナーとして、抜群の相性と使い勝手の良さを誇るのもオススメの理由。ネットタイプのトップスや、ざっくり編みのニット、透け感の強いシャツなどの下に合わせると、オシャレ上級者★半袖ではなく敢えて長袖×透け感を演出することで、大人セクシーなコーディネートに。フェスや海などの遊びにはチューブタイプやバンドゥタイプがオススメです。

■Yバックタイプなら男前にキマる
よりファッション性の高いデザインをお探しなら、背中部分がY字になったYバックタイプ。シプルなTシャツの下や、リゾートワンピースの下に。Y部分がレースのものなどを合わせるとセクシーで洗練されたイメージに。


※ボリュームアップの裏技
ボリュームアップテクニックを紹介します。実はブラトップは小胸さんの強い味方なのです!いつものブラを着用した上からスリップの代わりに着るとしっかりとボリュームを出すことが出来てしまいます。特にチューブトップ型のワンピースなどを着用する時は、ワンピース型がおすすめ。バストにボリュームがないと、どうしてもストンと下に下がってきてしまいがちなベアトップワンピースですが、しっかりとしたボリュームを出す事でしっかりと胸の位置でワンピースを維持することができます。お試しあれ。

*下着のオンラインフィッテイングならFITTY(フィッティ)*

http://www.fitty-bra.com/

この記事を書いたユーザー

たなゆみ このユーザーの他の記事を見る
得意ジャンル
  • スポーツ
  • インターネット
  • 美容、健康
  • ファッション

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス