2002 パトリス・ルコント作品

見終わったとき、仕立て屋だったことを忘れていた。

「君を少しも恨んではいない。ただ死ぬほど切ないだけだ。
でもかまわない、君は僕に喜びをくれた。ありがとう。」

そして、とんでもない方向へ惑う先が、
非情に蝉か蝿のような終末の姿から、
ひとりよがりの片想いならではの刹那さが、
哀れなこの男から印象強く映し出されている。

恋は美しくもなく汚くなく、片想いは切なく、感謝の言葉に悔いはなし

この記事を書いたユーザー

Kaorico Sally このユーザーの他の記事を見る

はじめまして♪

映画・アート・音楽・散歩・喫茶・カフェ・旅・歴史・エッセイ・ブログ・書籍・ファッション・雑貨・インテリア・美容・ナチュラルフード・スイーツなどのカテゴリを中心に、知的探究心のアンテナを高く持ち続けておくことに努めて、日々コツコツと書いています。

フツツカモノですが、どうぞ宜しくお願いいたします。

【経歴】
おもにWebライターやメルマガライターほか、Webディレクター・編集・販促企画・サイト運営・データ収集、また紙媒体のライティング・編集、広報などをこれまで担当。

ECサイト/食品サイト/エンタメサイト/美容・サプリ・コスメなどウェルネスサイト/福利厚生サイト/IT関連情報サイト/求人サイト/占いサイトほか、SNS広告、バナー広告、ポイント事業やフリーペーパー制作に携わってきました。

【資格】
Webライター技能士1級
ビジネス文書検定2級
秘書検定2級
普通自動車1種免許
普通自動二輪免許
ナチュラルフードコーディネーター

得意ジャンル
  • インテリア
  • 海外旅行
  • 国内旅行
  • おでかけ
  • グルメ
  • 料理
  • テレビ
  • 恋愛
  • 美容、健康
  • ファッション
  • おもしろ
  • ニュース
  • 話題
  • 音楽
  • 社会問題
  • インターネット
  • 広告
  • エンタメ
  • カルチャー
  • コラム
  • 感動

権利侵害申告はこちら