ところでみなさん、牛乳は飲みますか?

出典 http://www.gettyimages.co.jp

牛乳、好きな人にはたまらないくらいさっぱりした味わいで、毎日の元気をここからもらっている!という人も少なくないでしょう。

牛の乳というくらいですから、私たちが赤ちゃんだった頃に味わった母乳のかわりとして、私たちを強力に下支えしてくれます!
特に、思春期、背がいっぱい伸びるとき、スポーツする人もしない人も、骨を作るためにお世話になった、という方も多いですよね!

ところでその牛乳、飲んでからお腹をこわしたという経験、ありませんか?

出典 http://www.gettyimages.co.jp

コップ1杯くらいなら大丈夫、という人も少なくないでしょうが、2杯も3杯も飲んだときに、お腹を下してしまった、といった経験をほとんどの人がもっているかと思います!

お腹を下すのって、これ、病気なんじゃないの?と思った方いませんか?

実はそれ、乳糖不耐症なんです!

出典 http://www.gettyimages.co.jp

牛乳を飲むとお腹をこわす、これ、実は、私たちが生まれながらにしてもっている病気だったんです!

ところで乳糖不耐症って何?

出典 http://www.gettyimages.co.jp

実は、牛乳の中の砂糖を分解する力がなくて起こる病気です!

"乳糖不耐症では、この乳糖分解酵素が生まれつき欠損したり、少量しか産生されないために、酵素活性が低く、小腸での乳糖の分解がうまくいかずに不消化の状態で腸内に残ります。"

"遺伝的に乳糖分解酵素をもたない場合を先天性乳糖不耐症といいます。乳糖分解酵素は小腸粘膜の先端部位にあるため、小腸粘膜が傷害される多くの病気で二次的に酵素活性が低下します。これを後天性(二次性)乳糖不耐症といいます。"

出典 http://health.goo.ne.jp

簡単にいうと、牛乳の中にも牛乳特有の砂糖がある、と思ってくれればいいのですが、その砂糖を分解するアンパンマンのような存在が私たちの体に足りない!ということなんです。
そんな状態で、牛乳の砂糖が私たちの腸に残ってしまうのですが、そうなると、バイキンマンが腸の中でいろんないたずらをするきっかけを与えてしまうんです(攻撃するわけではないですよ!)!

そのいたずらのせいで、私たち、牛乳を飲むとお腹こわすんですね!これを乳糖不耐症といいます!


実は、生まれつきその病気にかかっている人と、小腸に何らかのダメージを受けてあとからその病気にかかっている人がいるんですね!

でも、生まれつき乳糖不耐症にかかっている人、世の中にどれくらいいるの?

出典 http://www.gettyimages.co.jp

乳糖不耐症にかかっている患者さんが世の中にどれくらいいるか、素朴に疑問に思いませんか?

実は、世界の8割もの人が乳糖不耐症なんです!

乳糖不耐症の発症率は人種による差が非常に大きいことがわかっています。アジア人の95%、アフリカ系米国人とアシュケナージ系ユダヤ人の60~80%、米国先住民の80~100%、スペイン系の人の50~80%に乳糖不耐症がみられます。北欧に起源をもつ人では、非常に稀です(2~5%)。

出典 http://www.biv-decodeme.jp

出典 http://www.gettyimages.co.jp

簡単にいえば、牛乳に強いのは白人の特権なんですね(スペイン人だと半分以下になるのですが)!

私たち日本人(特に女子ですが)が好きな欧米人、牛乳を大量に飲めてかっこいいですよね!

ところがこれ、逆の立場から見るとどうなの?という疑問が浮かびませんか?

出典 http://www.gettyimages.co.jp

なぜ世界の2割の人口である一部の白人のために、残りの8割の人たちが病人あつかいされなければならないの、と。

出典 http://www.gettyimages.co.jp

世界の8割もの人がそのような症状にかかっているのであれば、本来、それが人類のあるべき姿なのでは?理由があってそのように進化したのでは?と考える人たちも現れ始めました!

そこで、牛乳に強い人たちのことを「ラクターゼ活性持続症」と呼ぶようになったのです!

出典 http://www.gettyimages.co.jp

牛乳に強い、牛乳を飲んでもお腹を下さない、という病気らしいのですが、いったい何が病気なのでしょう?

実は、私たちが生まれ、次の世代を生み続けることを邪魔してしまうのです!

乳糖は、自然界には、哺乳類のミルクの中にだけ存在する。生まれた子どもがいつまでもミルクを飲んでいると、母親は次の子どもを胎内に宿すことができない。排卵が起こらず妊娠できないからだ。ある年齢に達した子どもがミルクを飲むと、乳糖分解酵素の活性が低下しているために、お腹が痛くなってミルクを飲めなくなる。そこで親が食べているような食物をミルクの換わりに食べるようになる。これが、すべての哺乳類に備わる離乳機構である。哺乳類が子孫を残せるように、ミルクが乳糖という特別の糖質を含むようになったのだ。ミルクは生後の一定期間だけ子どもが飲めるようになっているのである。

出典 http://www.eps1.comlink.ne.jp

お兄さんやお姉さんがいる方なら、この重要性が実感できるかも知れません!
もしお兄さんやお姉さんがお母さんのミルクをずっととり続けたら、お母さん、子作りする準備ができなくなり、自分たちが生まれてこなかったかも、ですよ!(私はそんな心配がないので、本当のところどう思うのか分かりませんが)

自分のお兄さんやお姉さんが大人になってもお母さんのミルクを求める姿、想像したいですか?

乳糖不耐症とラクターゼ活性持続症の関係、不思議ですね!

出典 http://www.gettyimages.co.jp

互いが互いのことを病気あつかいするなんて、想像したこともなかった方も少なくないのではないのでしょうか?

でもこの考え方、何もこれだけではないはずです!

出典 http://www.gettyimages.co.jp

ADHDも実はそうなのではないのでしょうか?

出典 http://www.gettyimages.co.jp

ADHDとは、以下の症状が現れる人のことを言います。

不注意が目立つ群の特徴
・忘れ物が多く、物をなくしやすい
・気が散りやすく、集中力が続かない
・興味があるものには集中しすぎてしまい、切り替えが難しい
・ボーっとしていて、話を聞いていないように見える
・行動が他の子よりワンテンポ遅れる
・字が乱れる
・不器用(縄跳びなどが苦手)
・片付けられない
・あまり目立たない(ADHD であることに気づかれにくい)

多動性・衝動性が目立つ群の特徴
・落ち着きがなく、授業中立ち歩く
・体を動かすことがやめられない
・衝動性が抑えられず、ささいなことで手を出してしまったり、大声を出したりする
・乱暴な子、反抗的、という目で見られやすい

混合群の特徴
・不注意と、多動性・衝動性の両方の特徴をもつ
・忘れ物が多く、物をなくしやすい
・落ち着きがなく、じっとしていられない
・衝動が抑えられず、順番が守れなかったり、ルールが守れなかったりする
・不注意、多動性、衝動性のあらわれ方の度合いは人によって違う

出典 http://adhd.co.jp

こうみると、他の人と協調性がなく、常識外れの言動をとったり、普通の人ができることができない人、というふうに見えるのかも知れません。
そんな状態で、どうやって私たちの社会に生きていけるの?という疑問もうまれることでしょう。

でも、世の中を作っている人の中にADHDの人が多いのも事実です!

■ 注意欠陥・多動性障害(ADHD)
政治家
ジョン・F・ケネディ(アメリカ合衆国第35代大統領)
ビル・クリントン(アメリカ合衆国第42代大統領)
ウィンストン・チャーチル(元イギリス首相)
坂本龍馬(幕末日本の政治家・実業家)

武将
源義経(平安時代の武将)
織田信長(戦国大名)

企業家
リチャード・ブランソン (ヴァージン・グループCEO)
ヘンリー・フォード (フォード・モーター創業者)
ビル・ゲイツ (マイクロソフトCEO)
スティーブ・ジョブズ (アップル社共同設立者)
マルコム・フォーブス (フォーブス誌元発行人)
ウォルト・ディズニー
テッド・ターナー(CNN創業者)
デビッド・ニールマン (ジェットブルー航空CEO)[4]引用文(2000年CNN放送にて自ら告白)かつては学業中退者であったデービッド・ニールマンは、航空券のペーパーレス化や米国10番目のジェットブルー航空の創業という偉業を、ADHDの特性なしでは成し得なかったと米メディアで語っており、自身がADHDを抑える薬物の飲用を頑なに拒んでいることを明かしたエピソードと並んで有名である。

建築家
フランク・ロイド・ライト

芸術家
サルバドール・ダリ
パブロ・ピカソ
フィンセント・ファン・ゴッホ

アスリート
マイケル・ジョーダン (プロバスケット選手)
マジック・ジョンソン (プロバスケット選手)
ノーラン・ライアン(元メジャーリーガー)

文豪
エミリー・ブロンテ
シャーロット・ブロンテ
エミリー・ディキンソン
エドガー・アラン・ポー
ロバート・フロスト
レフ・トルストイ

探検家
クリストファー・コロンブス

音楽家
ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト
ショーン・コムズ (ラッパー兼プロデューサー)
ボノ (U2ボーカル)


俳優・芸能人
アン・バンクロフト
ジム・キャリー
スティーブ・マックイーン
ジャック・ニコルソン
エルビス・プレスリー
シルベスター・スタローン
ロビン・ウィリアムス
ダスティン・ホフマン
ウーピー・ゴールドバーグ
パリス・ヒルトン(2007年7月1日ラリー・キング・ライブにて告白)CNN.comインタビュー

発明家
レオナルド・ダ・ヴィンチ
グレアム・ベル
トーマス・エジソン
ベンジャミン・フランクリン
ライト兄弟

写真家
アンセル・アダムス

物理学者
アルベルト・アインシュタイン

出典 http://blog.livedoor.jp

え、こんなにいるの!?

出典 http://www.gettyimages.co.jp

そうなんです!こんなにいるんです!

ADHDが持つ性質が世の中を作ってきたともいわれています。

出典 http://www.gettyimages.co.jp

常識的なやり方でやっていくと、世の中はどんどん進化し、精錬されて、非常に効率がよくすみやすくなるように見えるかも知れません。
しかし、ずっとその世の中にいると、その世の中の常識以外のやり方を受け付けることもなくなり、なぜその世の中になったのかも忘れなければならなくなるのです。そうなったとき、ほころびが少しずつ生まれ、知らないうちに負の感情をためる人が増えていくのです。
それがあるときに洪水のように決壊すれば、今までその常識の中に生きていた人たちは急に立ち往生してしまうのですが、ADHDの人は、普段から、突飛な行動の中から常識以外のケースも準備しているので、かえってうまく立ち回ることができ、世の人々を導くことができるのですね!

人情に優れている、というのもあるかもしれません。

出典 http://www.gettyimages.co.jp

都市型人間とは異なり、身近な人間に何かトラブルがあれば、自分なりのやり方ですが、なんとかして解決してあげようとする性質をもつのもこのタイプに多いです。
他人の世間的な地位の高さにとらわれずに、自分なりの目利きで人間観察をし、人付き合いをしていくタイプで、今の日本人が忘れかけている義理や人情を大切にすることも多いです。但し、義理や人情に少しでも濁った部分があれば、その義理や人情を容赦なくきってしまうという一面もあります。

暗闇の中では目が見えないほうが有利、スポーツはサウスポーが有利、と同じ原理ですね。

出典 http://www.gettyimages.co.jp

人の能力は一概には言えませんからね。

乳糖不耐症とラクターゼ活性持続症の関係、いろんな分野で出てきますね。

この記事を書いたユーザー

師稼威志会 このユーザーの他の記事を見る

トップキュレーターを目指しております。他に、これから活躍するであろう未来政治家、テレビにあまり出てこない芸能人、アーリーステージの起業家、その他将来性のありそうな人物を、独断と偏見で発掘し、繋げることも手がけております。
Amp. でライターをしたことがあったり、Curazyの記事作成の手伝いをしたこともあり、バイラルメディアのマスコミ化に努めております。

権利侵害申告はこちら