安・近・短なスポット、江戸川区は西葛西と船堀の間。行船公園内の自然動物園が熱い!

出典筆者撮影

例えば連休などでどこか遠くへ出かけることがあるかも知れませんが、最終日余ってしまって、「もうお金も使っちゃったし、何か大袈裟じゃないレジャー無いかなぁ・・」となった場合に最適なのがこちら!23区で最も公園面積が広い江戸川区にお越しください。


葛西臨海公園、総合レクリエーション公園、篠崎ポニーランド、篠崎公園、篠田掘親水公園、、、、挙げたら切が無いのですが、今回は行船公園という大きな公園内にある自然動物園という比較的小さい施設に照準を合わせていきます。

こじんまりとした園内はこのような感じ。

出典筆者撮影

所狭しと人気動物が観られます。レッサーパンダはいつも隠れちゃって、あんまり出てこないので、それは期待しないで下さい(笑)

江戸川区の行船公園内の自然動物園です。

出典筆者撮影

入場料は行船公園・自然動物園共に無料です。

★施設の概要★
・昭和8年地元の田中源氏が、区民福祉の増進と生活文化向上のための公園用地として、東京市へ寄付したもので、昭和25年東京都から江戸川区へ委譲されたのを機に、公園本来の姿として計画整備されたものです。 「行船(ぎょうせん)公園」の名称は、寄付者の田中源氏の屋号「行船(ぎょうせん)」にちなんでつけられました。昭和58年に自然動物園を開園。平成元年3月、公園北側部分を全面改修し、平成庭園を開園しました。

・利用料金 源心庵は有料(電話:03-3675-6442にお問い合わせください)
・開園年月日 昭和25年10月
・規模敷地面積 29,752平方メートル
・バリアフリー情報 公園内に障害者手洗所3箇所

・所在地 〒134-0081 江戸川区北葛西3-2-1
・行船公園サービスセンター 公園案内所
(自然動物園のオリジナルグッズなど販売しております。授乳コーナーも設けてあります)
・お問い合わせ先: 03-3680-0777

★交通アクセス★

・徒歩の場合  東京メトロ東西線「西葛西駅」から徒歩15分

・バスの場合  東京メトロ東西線「西葛西」下車  都営バス〔新小21 新小岩駅行〕「宇喜田」または「北葛西2丁目」下車(都営新宿線「船堀」や、勿論新小岩からもそのバスで行けます)

・ 駐車場について 行船公園北側隣に東京都有料駐車場 1時間200円

出典 http://edogawa-kankyozaidan.jp

田中源氏の銅像も設置(行船公園内)

出典筆者撮影

この方は地元で明治時代から政治家として活躍され、葛西村長・東京府議会議員・国会議員となった方で、福田(父)総理との交友もあったそうです。住民思いの政治家だったそうで、この広大な土地の寄付もしています。江戸川区民にとって大変有難いことです。

さぁ、動物たちに登場してもらいましょう!

出典筆者撮影

リスザル。ずっと観ていても飽きません。

出典筆者撮影

本当に可愛らしいですよ!大人も子どもも大喜び!!

この鳥さんは?

出典筆者撮影

誰かな??

ハヤブサさんですね!

出典筆者撮影

格好良い鳥さんです!!

掲示板の中にはクイズ形式になっているものもあります。

出典筆者撮影

子どもも勉強しながら大喜びです。勿論大人も知らないことは多いので、勉強になります。

サイチョウ

出典筆者撮影

物凄い迫力です・・・

園内はこのような感じ

出典筆者撮影

休憩スペースも充分あります。

出典筆者撮影

この様な展示スペースもあり、勉強になります。

出典筆者撮影

出典筆者撮影

出典筆者撮影

水槽も沢山あり水辺の生き物も観られます

出典筆者撮影

最大の山場かも!プレーリードッグ!

出典筆者撮影

立った!!

出典筆者撮影

この姿を観ないといけませんね!

ジェフロイクモザル!

出典筆者撮影

出典筆者撮影

僕は誰?

出典筆者撮影

餌はねずみですって?

出典筆者撮影

シロフクロウさんですね。とても可愛いです。猫ちゃんみたいです。餌がねずみって・・まさに空飛ぶ猫ちゃん!!

こういった催事もあります。

出典筆者撮影

ふれあいコーナーもあります。

出典筆者撮影

やぎ・ニワトリ・ウサギ等と触れあうことが可能です。このゾーンに入る前はアルコールで手の消毒を、そして退出したら石鹸での手洗いをお願いします。

この鳥さんも可愛かったですね・・

出典筆者撮影

色が良い!!

出典筆者撮影

ペンギンさんもいます

出典筆者撮影

出典筆者撮影

その他、ワラビ―、アオダイショウ、イグアナ、ケナガクモザル、オタリア、クサガメ等、決して大規模ではありませんが多様な生き物を観ることが出来ます。

勿論行船公園は自然動物園だけではありません。

純和風建造物「源心庵」を始め、松、枝垂桜、もみじ並木等の美しい平成庭園や、鉄棒、噴水、藤棚、ジャンボスライダー、時計台、桜広場などのある公園スペースもあります。レジャーマットやテントのようなものを持ち込んで時を過ごす家族もいらっしゃいます。

是非!次の休みや連休の予定の無い日など、江戸川区にお越しください。動物たちが待っています!!

お時間に余裕があれば、他の公園とハシゴをして、親水公園を歩いてみたり、ポニーの乗馬したり(小学生以下)、水族館に行ったりと、江戸川区には自然や動物を大事にした公園が沢山あります。因みに今回ご紹介した行船公園の葛西橋通りの方の出口の前には大型商業施設があり、買い物環境も充実しています。

公園面積23区ナンバー1の江戸川区で休日は過ごしてみませんか?
最後までお読み頂き有難う御座います。

この記事を書いたユーザー

奥村裕二 このユーザーの他の記事を見る

東京都大田区大森生まれ。立正大学附属立正高等学校、尚美学園短期大学音楽ビジネス学科、放送大学教養学部生活福祉専攻卒業。STAY UP LATEオーナー。 ライター業と、セミナー講師、司会業も実質少々。江戸川区在住、一児の父。愛猫家。

得意ジャンル
  • マネー
  • 動物
  • 国内旅行
  • おでかけ
  • グルメ
  • 恋愛
  • 美容、健康
  • キャリア
  • おもしろ
  • 音楽
  • 社会問題
  • 育児
  • コラム

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス