結婚3年目くらいには誰もが考える住宅購入

出典 http://www.photo-ac.com

運命の人と出会い、思いが叶って結婚生活をスタートできた幸せいっぱいのみなさんもいらっしゃることでしょう。
結婚生活がある程度落ち着いてくる結婚3年目頃になると、そろそろ自分たちの住まいについてお互いか考え始める時期がやってきます。

そんな時多くの方が考えるのは以下の3つです。
・賃貸にするか・持ち家にするか
・マンションにするか・一戸建てにするか
・最寄り駅はどこか

これらを考慮して今後の自分たちのライフスタイルに合いそうな物件を探しはじめることでしょう。

持ち家にするならこんなことに気を付けて

出典 http://www.photo-ac.com

一昔前は、世帯を持ったらマイホームを建てることが都市部でも当たり前でしたが、現在はあえて賃貸を選択しているご夫婦も多いものです。
賃貸ではなく住宅購入を考えている人は、戸建てとマンションの違いについてリサーチをしていることでしょう。

都市部でマンションを購入するメリットを見ていきます。

・戸建てに比べてセキュリティ度が高い
・ワンフロアなので階段の昇降がないためバリアフリー化を手軽に実施できる
・同世代が集まりやすいので特に子育て世代ではママ友ができやすい
・外回りの清掃や雪かきなどは管理人がしてくれる
・建物のリフォームやメンテナンスは管理会社などがしてくれる
・ゴミは収集場所に持っていけばいつでも捨てられる
・町内会の係にならなくて済む

デメリットもみていきましょう
・上下左右の家族と壁一枚の生活
・自由に改築できない
・セキュリティシステムがあっても安心できない
・住宅ローンの他に共益費や管理費などがかかる場合が多い
・同じ建物の一室が自宅なので個性に欠ける

一方、戸建て住宅のメリットはどのようなものでしょうか。
・自分の思い通りに自宅を建てることができる
・自由に改築や増築ができる
・建物が個々になっているのでプライバシーが守られやすい
・敷地内を自由に使うことができる。
・ペットを飼うのに許可がいらない

家族のニーズに合わせた住環境づくりの自由度が高いので一見すると戸建ての方が暮らしやすそうな気がします。
しかし、ここで落とし穴があることにはこの段階ではまだ気づいていないでしょう。

都市部限定!?戸建て住宅の最大のデメリットとは?

少子高齢化や共働き世帯の増加などの影響で特に都市部は子育てをしにくくなっています。
保育所不足が叫ばれていますが、実は戸建てに住んでいる家族ならではの悩みがありました。

ここで戸建てのデメリットを挙げてみましょう。
・建物の管理は自分でしなければならない
・ゴミは決められた日に収集場所へ持っていく
・駅から徒歩圏外の場所にある
・セキュリティ面も自分で対策しなければならない
・町内会の当番がある

特に都市部で問題になっているのが「町内会の当番」です。
ここで東京都にお住いのAさん(34歳)の話を紹介します。

建売の新築物件を数件みたが、駅から徒歩圏内で値段も手ごろだったのである物件を購入することにしました。
住んでみて分かったことは私の町内会の班にはお年寄りしかいないことが分かりました。
住み始めて4年がたった時、突然町内会の当番を任されました。私はフルタイム勤務だし幼い子どもも2人います。ご近所さんはリタイアしているくらいのご年齢の方ばかりなのに、どうしてうちに当番が回ってきたのだろうと思ったら、今まで当番をやっていたのは8件中2件だけで、その他のご家庭はどこも当番をやってくれない方々ばかりでした。

仕事をしながら子育てをしているAさんにとっては「当番」というだけで重荷になります。
それなのに、ご近所で協力してくれそうな家庭がごくごく限られていますし、そのご家庭もご高齢で体を壊しているそうで、なかなか当番を引き継ぐということもできない状況だそうです。

このように都市部ならではの高齢化問題が戸建て住宅に住むことでのしかかってくる場合があります。

終の住まい選びは、特に戸建てを希望する場合はご近所の様子も情報の一つとして調べておくと良さそうですね。

この記事を書いたユーザー

macalon このユーザーの他の記事を見る

幼児から小学生までのお子様の個別指導の療育の教室を開いています。
私自身、2人の子どものママです。育児はもちろん、教育や福祉にも興味があります。
Yahoo!知恵袋で専門家として回答しています。

得意ジャンル
  • 育児
  • 暮らし
  • コラム

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス