みなさんは“スー女”という言葉をご存知でしょうか?今、大相撲が好きで、力士を追っかけている女子のことを“スー女”と呼ぶそうです。千代の富士や、若貴ブームといった何年か前の相撲ブームから陰りを見せいていた、大相撲。そんな大相撲がここ数年の間に人気が戻ってきました。白鵬の優勝記録の更新。強い横綱たちの戦い。そして、若手力士たちの台頭。今回はそんな、“スー女”たちが注目する若手力士たちを紹介いたします。

ざんばら髪のイケメン力士といったらこの人

遠藤聖大(えんどう しょうた)

出典 http://www.sumo.or.jp

プロフィール
遠藤 聖大(えんどう しょうた、1990年10月19日 - )
石川県鳳至郡(現・鳳珠郡)穴水町中居出身。
追手風部屋所属。
身長183cm、体重146kg、血液型AB型。
得意手は左四つ、突き、押し。
まげが結えず、ざんばら髪で幕内力士となったことで一躍有名になった遠藤。幕内入りも3場所と昭和以降の最速の記録。そのため、まげが結えない自体に。それだけではありません。端正な顔立ちと、力強く柔らかい身体からうみだされる“うまい相撲”がスー女たちを魅了してきました。

出典 http://www.jiji.com

真剣な眼差しにドキっとしちゃいますね。

出典 http://www.gao-town.com

番付表を嬉しそうに見せる姿は年相応の笑顔で、キュンとしちゃいます。

出典 http://t.pia.jp

2014年夏場所からまげを結った、遠藤。まげを結ったもかっこいいですね。

5月場所、少し心配なニュースが飛び込んできました。まだまだ若い遠藤。これからも頑張って欲しいですね!

モンゴル出身の怪物力士

逸ノ城 駿(いちのじょう たかし)

出典 http://www.sumo.or.jp

プロフィール
逸ノ城 駿(いちのじょう たかし、1993年4月7日)
モンゴル国アルハンガイ県バットツェンゲル村(モンゴル語版、英語版)出身
湊部屋所属の現役大相撲力士
本名はアルタンホヤグ・イチンノロブ(モンゴル語キリル文字表記:Алтанхуягийн Ичинноров[2]、ラテン文字転写:Altankhuyagiin Ichinnorow)
身長192cm、体重202kg、血液型はA型
得意技 右四つ・寄り
最高位は西関脇(2014年11月場所、2015年1月場所)
熱い取り組みとぶつかり合いで、相撲人気に追い風を起こしているのがこの人、逸ノ城。

2013年、九州場所で湊部屋に入門。2014年、初場所にて初土俵を踏む。同年、夏場所にて新十両でありがなら十両優勝を果たす。幕下付け出しから所要4場所での新入幕は史上2位タイ。九州場所の番付にて関脇に昇進。最速初金星、最速三賞受賞、新入幕2日連続大関戦勝利など数々のスピード記録を達成。

出典 http://www.mbs.jp

数々の記録を打ち立てている、怪物の素顔は「好きな食べ物はケーキ」と可愛らしい一面も。真面目ですなおな怪物力士に注目です。

出典 http://ethan-joumal.com

遠藤同様、あまりの最速での幕内入りでまげが結えなかった逸ノ城。

出典 http://imadokikininaru-news.blog.so-net.ne.jp

殊勲、敢闘賞のトロフィーを手にキュートな笑顔を見せる逸ノ城。

出典 http://1banseikou.com

はじめて、まげが結えた時に見せた嬉しそうな笑顔にキュンとするスー女は少ないクありませんね。

5月場所、初日に横綱白鵬を打ち破った逸ノ城。これからもその強さも、素顔も注目の力士です!

まだまだ見逃せない、キュートな姿で相撲協会のTwitter、RT数はNo.1

千代丸 一樹(ちよまる かずき)

出典 http://www.sumo.or.jp

プロフィール
千代丸 一樹(ちよまる かずき 1991年4月17日)
鹿児島県志布志市出身
九重部屋所属
本名 木下 一樹
身長179.0cm、体重180.0kg
得意技  押し
2013年に幕内入りし、遠藤や逸ノ城よりもあまりなは知られてませんが、その愛くるしい姿とまんまるな瞳に魅了されたスー女がかずしれず。先日放送した、情報番組「バイキング」でも登場してました。相撲協会のTwitterは普段の投稿のRT数が100前後に対し、千代丸の写真が投稿されると、約8000以上のRT数がされます。

これがRT数が9000の人気の“千代丸たん”のつぶやき。

寝ている姿もキュートと大人気。

先輩力士にも可愛がられちゃう千代丸たん。

仲良しの大砂嵐とのひと幕は微笑ましいですね。
遠藤、逸ノ城とは違った魅力の千代丸。こんな愛され力士も注目ですね。

改めて、相撲にはこんな魅力もあります。

相撲が好きになると、皆が必ず『一番おもしろい』と言う番付があります。それは、幕下上位から関取といわれる十両になれるかなれないかの戦い。幕下以下だと、手当が2ヶ月に1回、15万円しかもらえないし、大部屋で集団生活です。

 関取になると、月給が100万円になります。個室がもらえるし、付け人もつくので、全然待遇が違ってくるのです。関取になれるかなれないかは大きいわけです。幕下は本場所15日中7回しか相撲が取れなくて、4勝3敗で勝ち越し。

 だから、3勝3敗で迎えた最終戦や幕下上位にいて、ここで負けてしまうと番付が下がります。勝てば十両になれるこのあたりの取組が、一番生々しくて、残酷で、人間臭いところ。そういう戦いを見るのもおもしろいですよ。

出典 http://www.excite.co.jp

現在も5月場所が開催中。一番安い席ですと2200円から入れるそうです。朝の6時から開催されている大相撲。3人の力だけではなく熱い戦いを繰り広げている他の力士たちを応援するのもよし!模様を実際に観戦するのもよし!もちろん、会場に行かなくてもテレビで観てみるのはいかがでしょうか?

この記事を書いたユーザー

谷 澪 このユーザーの他の記事を見る

ライティング・コミュニケーション……極め中!人の心に響くことを目標に記事を書きたいと思います。明日ちょこっと挑戦しよう、今日の夜試してみよう、今度の休日の楽しみに!など、女性のワクワクのひとつになりたいです。笑顔が美人への近道。その気持ちで読んだ人を笑顔にする、時には涙する記事を書いていきます。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス