このようなツイートが有り、ちょっと気になって調べてみました…。

さすがにネタ画像だろうと思って調べてみると…。

中国人コンサルタントがブログにて…。

駐車場なんて車さえ停められればいいと思うのですが、最近はいろんなサービスがあるようです。中国では車を運転しないので、あまりよく知りませんでしたが、車をどこに停めているかを調べるシステムがあります。ケータイのアプリで停車場所を確保するサービスがあります。停車場所をわかりやすくするための停車場所の区分け、これは日本でもありますね。A区とかB区とかいう表示で分けているケースです。女性専用停車場所が設けられているところもあり、面積を広くとり停めやすくしていたり、位置的にもよく場所で会ったりします。面積の大きいところでは電動自転車で送り迎えするサービスまであるようです。意外とちゃんとしてますねえ。電動自転車の送り迎えは一度見てみたいですね。

出典 http://blog.goo.ne.jp

確かに女性専用の駐車場があると書かれていますね…。車の位置を案内するサービスや予約サービスまであるようですね…。

しかも、電気自動車で送迎まで?これはすごい…。

女性専用のタバコ売り場?

上海市を代表する淮海路のデパート内に、女性客専用のたばこ販売カウンターが登場した。売れ行きは好調だという。5日付で中国新聞社が伝えた。

  ここ最近、上海市では「白領(ホワイトカラー)」層の女性や海外からの女性観光客を中心に、たばこ需要が高まりをみせているとのこと。

出典 http://news.searchina.ne.jp

何のために女性専用かはわかりませんが…。男と一緒だと買いにくいとかですかね…。

これでは男性差別では?

送迎などは特に記載がないので恐らく男性も使えるのかと思いますが…。近くの駐車スペースが女性に占められたり、専用のタバコ販売と…。日本の女性専用車両以上に異常なほど女性優位担っているのではないでしょうか?

まだ、女性専用車両は痴漢防止といった意味もありますが…。駐車スペースなどにはその理由さえ浮かばないわけです…。

どうなのでしょうかね…。国が違えば文化も違うのでなんとも言えないのかもしれませんが…。

この記事を書いたユーザー

いつか笑って過ごせる日まで このユーザーの他の記事を見る

いつか笑って過ごせる日までと申します。 起業家でフリーライターです。政治からゴシップネタまで幅広く手掛けています。 残念ながら今はまだ貧乏人です…。

得意ジャンル
  • 話題
  • 社会問題
  • インターネット
  • コラム
  • ニュース

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス