性感染症、進む低年齢化

少年少女漫画の性描写

<「未成年不適当」のシール付きで許可>
『進撃の巨人』 残虐シーンが多く、子供向けでない。
『痛々しいラヴ』 芸術性はわかるが、性描写が多く子供には見せられない。
『クレヨンしんちゃん』 親を敬わない表現が多く、子供の教育上よくない。

出典 http://sinlife2010.jugem.jp

シンガポールに暮らしていた家族が日本の少年マンガを輸入したところ、
「検閲でほとんど表紙と裏表紙になっていた。」
と言っていました。

小学生のママ友にも、
「少女マンガも内容をチェックしたほうがいいよ、過激なことが書かれているから!」
と言われたことがあります。

日本の子どもたちは簡単に性描写に触れられる社会のようです。

スマホを取り上げれば解決か?

出典 http://www.gettyimages.co.jp

ラブレターから電子メール、テキストメッセージと、恋人への距離はどんどん縮まり、恋人になるまでの時間も速くなっているのではないでしょうか。これを中高生が断ち切ることは難しいでしょう。大人にも子どもにも新しいツールなので、それぞれが便利な使い方も、好ましくない使い方も試行錯誤は続きます。

ティーンの恋愛の先輩たち

どんなにコミュニケーションツールが便利になったとしても、恋愛の達人になれるというわけではありません。昔よりも多くの出会いのチャンスがあるかもしれませんが、意中の人とうまくやっていけるとは限りません。

男性とのいくつかの出会いを経験して、
うまくいくパートナーを見つけて、
子どもまで授かった幸せな女性は。。。

出典ライター

ママであるあなたでしょう。

この記事を書いたユーザー

平山佐知子 このユーザーの他の記事を見る

会社経営。3児と10カ国の海外旅行を経験。 日本のママを世界一にするための情報を発信しています。

得意ジャンル
  • 社会問題
  • 育児
  • コラム

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス