線路に飛び降りた男に連れられた犬

イギリス・マンチェスターピカデリー駅で、黒いラブラドールを連れた男が線路に突然飛び降り、犬を引きずり迫り来る電車に向かって歩き続けるという事件が起こりました。危険だから戻るようにと呼びかける人々に罵声を浴びせる飼い主。

一部始終を見ていたミッキー・パークスさんは居ても立ってもいられずに、自らも線路に飛び降り、犬を救出しました。

100%愛犬家の勇気ある行動に拍手喝采

ミッキーさんは犬をプラットフォームに駆けつけた警察に手渡し、男はその場で現行犯逮捕されました。

「僕は100%愛犬家」と自負するミッキーさんの勇気ある行動は全国ニュースで取り上げられ、イギリス中から賞賛の声が上がっています。犬はこの後保護され老犬のための施設に預けられたそうです。

とても年老いた犬だったと語るミッキーさん。危険な目にはあってしまいましたが、これを機に不安定な飼い主から離れ、静かな余生を暮らせるといいですね。

出典 http://www.dailymail.co.uk

ミッキー・パークスさん

こちらの記事もどうぞ

この記事を書いたユーザー

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス