「歌詞が聞き取れない」と番組内でディスられる…?

今回唱えられた説は、「SADSの『忘却の空』サビを一発で聞き取れる人0人説」というものだ。これには浜田が「ディスったな」と苦笑いし、松本「もーまた。そんな(ファンが怒りそうな)問題を」と困り顔をする。

出典 http://tocana.jp

4月29日に放送された「水曜日のダウンタウン」(TBS系系列)より。以前も、歌手のMay J. をディスったことで炎上騒ぎになった同番組。今回のターゲットは、年代を問わず永続的な人気を誇る、日本ロック界のカリスマ、清春氏だった。

すかさず小藪一豊がフォロー。「ディスってるわけではありません」

プレゼンターである小藪一豊は、「ディスっているわけではありません。正直になろう。(清春の歌詞は)聞き取れてへんやろ?」と続ける。

さらに、「この曲は素晴らしい曲でございます。清春さんも男前ですし、素晴らしいアーティストです。ただ、癖がすごすぎて…」とバッサリ。

出典 http://tocana.jp

「癖がすごすぎる」という一言で、番組における清春ディスりを、ある意味好転させた小藪一豊。さすが。

そして、歌詞が聞き取れない曲?「忘却の空」をスタジオで視聴…

そして、実際に聞き取れるのかどうか、スタジオメンバーの蛭子能収や清水ミチコ、ビビる大木ら6人にサビを聞かせる。だが、一発では聞き取れず、スタジオメンバー6人が協力することに。

それでも、「だからベルベットの空の下」という歌詞が「キャラメル色の空の下」に聞こえ、「でたらめのダウナーかわしている」は聞き取れもしなかった。その後、スタジオメンバー6人は歌詞を見せられたが、それにもピンとこず。

出典 http://tocana.jp

知ってる人からすれば、「え、なんで聞き取れないの?」となる話だが、この曲を知らない人からすると、歌詞を聞き取ることは難しいようだった。

SADS / 忘却の空

出典 YouTube

twitter民の声はこちら

この放送を受け、清春氏本人からは意外な反応が…

お、お茶目すぎる!!そして懐が深い。

終わりに

大物アーティストをディスるなどして、最近のテレビ番組の中では、かなり“攻めている”印象の「水曜日のダウンタウン」。

今回は、安っぽい炎上騒ぎにはならず、清春氏本人やファンの皆さんも楽しんでいた様子でなんだかほっこりしましたね。

ダウンタウンの番組で、清春氏の曲が流れてきて驚いたファンも多かったのではないでしょうか。ハッピーな時間でした。やっぱり清春さんはカッコイイですね。

この記事を書いたユーザー

だぶりゅー このユーザーの他の記事を見る

神奈川県在住のアラサー男子。
Amebaみんなの編集局公式ライター。
趣味と実益を兼ねて、鋭意執筆中!
エンタメ、生活情報など。
@kimichanVoice

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス