野球!!・・・えーと・・・・・

出典 http://ja.wikipedia.org

野球と知識で知っていても・・・

こんばんわ。
世の殿方、「うちの奥さん、または彼女。お料理上手で、気立ても良い。なんせそりゃもう話題が豊富で、最近の時事から長期お天気、芸能人の動向、風水グッズに、セール情報、グルメ情報なんでもわかってる。なのに、なぜか・・・!!」
スポーツにだけ、群を抜いて、疎い。。。なんてことありませんか??

彼女と一緒にサッカーをテレビ観戦していても、どうやら細かいルールがわからないらしく、しょっちゅう質問されるのでこっちは集中してんのにマジウザい。
野球の「ドラフト」とはなんのことか奥さんに毎年必ず聞かれる。
などなど。。。お心当たりあるのではないでしょうか。
もちろん、スポーツ大好き女子もいますから、一概には言えないのですが、これって男女の脳の構造上の差らしいです。
女子の会話のほとんどは「情報交換」らしいです。これは本能としての自分の子供を守る為に大切なコミュニケーション能力として培われてきたもの。
男子はやはり「戦い」がその能力のメインなので、やはり勝敗を決する「スポーツ」にはとても興味が有る、ということらしく。
そうかあ・・・だから、女子は王様のブランチあたりの、どこそこのパンケーキがおいしいだの、話題の冷え性対策グッズをうんうん頷きながら見ているのか・・・。
そして男子は、野球やサッカーの試合を見て、また終わったはずの試合結果をまとめたスポーツニュースに食いついているのか・・・。

さて。何を隠そう、私もスポーツ音痴。いえいえ、スポーツが出来ないわけではないのです。子供の頃から、スパルタ教育で有名なスイミングスクールに通い、気がつけば立派な肩幅になっていたり、フットベースという謎の球技の地元チームで土日は早朝から練習したり。合唱部なのに、まずは毎日校庭10周、腹筋、腕立て50回。これぐらいの根性なくて大会になんか出れるかと言われて励んでおりました。まあ、足は遅いんですけど。
だから、自分がスポーツに疎いとはあんまり思っていなかったのですが・・・・。

結婚後、初めて夫と過ごすお正月。
1月3日、箱根駅伝を見ていた夫に「ちょっとー、なんで再放送また見てんのー。昨日も見たじゃん。何回見たって順番変わんないんだから、食料品買い出しに行こうよー」と言ったとき。
「再放送じゃないよ、これ復路だから」
「・・・袋??」
そう、私は箱根駅伝に復路があることを30近くまで知らなかったのです。
それからというもの、私は夫に「一般常識を知らないイタいオバハン」と思われています。
しかし。そのことを正月明けに会社で、女子の先輩にお昼食べながらのよもやま話中に言った時。
「やだー、そんなのフツーわかるじゃーん」と言った4人中1人の目が泳いだのであります。
よくよく掘り下げてみると、結構みんな知らないことってあるようです。
なので、私の身の回りの女子スポーツ語録をリサーチしてみたところ。

「野球のさ、裏と表って、ベース?」(ベースを裏と表にひっくり返すんでしょ、と言いたい)
「ファースト、セカンド、サード、フォース」
「ねえねえ、清原が引退したって本当?」(2015年の話)
「セリーグとパリーグってよく言うじゃん。あれなに」
「甲子園ってさ、春からやってんじゃん。長いよねー」(春夏あると知らない)
さあ。野球だけでこれだけありました。
このへんで、すでに世の男子は引いてると思うのですが、次行ってみましょう。
「ねえ、中田ってさ、世界中にサッカーを広める旅に出てるんでしょ」(・・・わかんない・・・)
「最近、ゴン、オリンピックで見ないよね」(見ないよねえ・・・)
ま、でも野球とサッカーに関して言えば、あまり女子のスポーツとしてはされてこなかったので、特にわからないということもあると思います。
なでしこリーグだって今や有名ですが、私が子供のころは女子がプロ選手としてサッカー出来て活躍するなんて、相撲の土俵に女子力士があがるくらいのインポッシブルなことだと思われてましたから。

男子の皆さん。
もし、あなたの身近で、スポーツ談義中、不思議そうな顔をしている女性がいても、どうか優しく教えてやってくださいね。
これだから女は・・・・なんて思わず、、、代わりにきっと、最近のおいしいものとか、小鼻の角栓の上手な取り方とか、教えてくれますから。







サッカーだって知ってるもん

出典 https://www.hyogo-park.or.jp

名前だけはね・・・・

この記事を書いたユーザー

アナナス このユーザーの他の記事を見る

アナナスです。
古今東西津々浦々、眠れぬアナタのために・・・今夜も話題を煮込みます。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス