今までSpotlightでもご紹介してきた、料理研究家・平野レミさんの華麗なる奇行(?)の数々。いつも斬新なアイデアで世間を賑わせてくれる素敵な平野さんですが、そんな平野さんの公式サイト上にあるコラム「キッチン用品を発明しよう!」で、謎のアイテムが紹介されていました。

「四連装ちくわケース」

こちらは、ちくわを4本持ち運べるケース。「だれが使うの?」「なんで持ち運ぶの?」と、ツッコミどころ満載ですが、小腹がすいた時に鞄の中から取り出せば、注目の的になることは間違いありません(笑)。

出典 https://remy.jp

これは…。色んな使い道が考えられ……ませんねw

こちらの「四連装ちくわケース」ですが、実は平野レミさんが開発したものではなく、ITmediaの3Dモデル共有サービス「3Dモデラボ」に投稿されたもの。

平野さんは3Dモデラボで1月に開催された「第2回 3Dモデリングコンテスト」のキッチン部門審査員を務めていたんだそうです。

3Dプリンターによって創作の世界が広がりましたが、まさかこんな謎なアイテムまで作られていたとは…。もしかしたらこの「四連装ちくわケース」も、「二十連装ちくわケース」くらいにまで進化する可能性があるかもしれませんね。

モデラボではモデルデータのダウンロードも可能らしいので、マイちくわケースを作ってみるのも良いかも!

この記事を書いたユーザー

wagibank このユーザーの他の記事を見る

広告代理店に勤務している傍らフリーのライターとして活動中。職業柄、最新の話題に常に触れているため、皆さんに楽しんでもらえるような記事を作っていければなと思ってたりします。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス