女性なら誰でも意識せずにはいられない「美しさ」

アメリカの詩人、エメリー・ディキンソンが「美」について深い言葉を残してくれています。

美は創られるものではない。
美は存在そのもである。
by エミリー・ディキンソン

人間の本質を見極めた深い言葉ですね。
私達はついつい「見えるもの」の美を追求しがちです。
髪型、ネイル、お化粧、エステ。。。女性の美へのこだわりを挙げるときりがありません。
だけど、エミリーは美は「私達の存在そのものだ」と教えてくれています。

例えば、家族や大好きな人の笑顔、どうでしょう?
いくら美しくても、笑顔が輝いていないとその人の存在がかすんでしまいます。

出典 http://www.gettyimages.co.jp

笑顔は一番の存在感!

表情やあり方は、毎日の自分の生き方から創られています。
人にはそれぞれ、”自分だけの美”、個性がフルに活かされている美があるのです。
自分の内面からにじみ出る、自分の存在そのものが美だと胸を張っていえる生き方、潔くて素敵でですね。

皆さんも、自分だけの美について意識してみられるのは如何でしょうか?

この記事を書いたユーザー

田中よしこ このユーザーの他の記事を見る

読む人が元気なれる、自分らしさへの何かヒントや気付きを得られる。
そんな記事を書いて行こうと思っています☆
Blogは、悩んでいる方の心に響く記事を中心にアップしています。
http://p.tl/lu5z

海外に住んでいた頃、「欧米では日常的にカウンセラーの所に相談に行く」ことに衝撃を受けたのをきっかけに、自分が行きたくなるカウンセリングサロンを作りたいと、サロンをOPEN。女性とゲイの人を対象に、10~50代の幅広い年齢層の人に対応している。評判が口コミで広がり、中国地方をはじめ、関西や九州から足を運ぶ人も。中には臨床心理士やカウンセラーなど、〝相談される側〟の人も多い。
コーチングの手法も取り入れ、悩みへの向き合い方や、自分で答えを見つける方法など、相談者と一緒に取り組む。心の問題にマニュアルは利かない。「その方に必要な言葉を、しかるべきタイミングで伝える」とし、「気づき」と「納得」を大切にしたカウンセリングを実践。

得意ジャンル
  • インテリア
  • 動物
  • 感動
  • キャリア

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス