自分にあった制汗剤の種類を調べる

まず自分の耳垢を綿棒で採ってみてください。



①耳垢がキャラメルが溶けたような場合は体臭が強い

傾向があります。

②すこし湿っているだけの場合は中~軽度 程度

③乾燥していれば非わきがタイプです。軽度


体臭の強い①のタイプの場合は塩化ベンザルコニウムの

入った直塗りのタイプを選んでください。

または銀配合のものも殺菌効果が長く持続します。



ただ軽度の人や非ワキガタイプの人は殺菌効果の強い

ものを使うと逆に匂いが きつくなる場合があります。

その理由は肌の表面には表皮ブドウ球菌という

表在菌がいて病原菌になるような黄色ブドウ球菌などが

増えないようにしています。



あまり殺菌力の強いものを使い続けると黄色ブドウ球菌が

増え逆に匂いが強くなることがありますから注意してください。



非ワキガタイプの人は植物エキスを使ったシートタイプ

を使って拭くだけで十分です。



軽度~中程度の人は穏やかな抗菌材が入ったスプレータイプ

の製品やアルコールの含まれたシートで拭き植物性の制汗

スプレーを使うだけで十分です。

出典 http://wakuwakutrend.com

正しい制汗剤をつけるタイミング

汗をかく前、できれば入浴直後などの一番肌が臭わないときにスプレーするのが効果的です。

また、制汗スプレーのタイプ別に適切なタイミングで使用することで、より高い効果が期待できます。パウダースプレー、ロールオンタイプは汗をかく前の予防として、汗をかいた後の対処にはシートが効果的です。トリガータイプのウォーターは、予防と対処の両方に使うことができます。

出典 http://www.excite.co.jp

間違った使い方をしてはダメ!

制汗剤の長時間のつけっぱなしはNG

制汗剤は汗腺にフタをして、本来分泌されるべき汗を閉じ込めます。汗腺にフタをすれば一時的には汗の分泌を抑えることができますが、分泌される量が多すぎると溢れ出てしまいますし、肌に負担もかかります。また、皮膚表面にとどまった汗の成分が常在菌に分解され、かえって臭いが強くなる原因にもなりかねません。

広範囲に長時間使うことは避け、臭いが気になる部分だけに適量を使って、帰宅後はなるべく早めに濡れタオルで拭き取ったり、シャワーで洗い流したりするようにしましょう

出典 http://mens-skincare-univ.com

制汗剤は脇とか足の局所だけに使い全身に

使うようなことはしないで下さい。

汗腺を塞いで体温調節に影響が出る場合があります。

出典 http://wakuwakutrend.com

この記事を書いたユーザー

Arcnote このユーザーの他の記事を見る

大学在学中から父の会社の株式会社PYSEに所属、社内システム開発や機械加工を学び大学でGPS応用方法の研究卒業する。所属会社の経営を実践で勉強しながら、2014年3月より個人でiPhoneアプリ開発を始め現在に至るまで9作のアプリを販売。
面白い記事をたくさん書きたいと思います。ぜひとも仲良くしてください!

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス