6歳の娘ソフィアちゃんが描いた1枚の絵から始まる・・・

7歳の息子のティム君と6歳の娘のソフィアちゃんと、家族と家の絵を描いて楽しんでいた投稿主。微笑ましい家族の時間だったが、娘が書き上げた絵は何とも奇妙なものだった。

出典 http://irorio.jp

謎の人物と謎の部屋、そして見たこともない文字

娘が書いた絵には、母親、父親、ソフィア、ティムが描かれている。しかしその横には、家族にはいない人物が2人、顔を真っ黒に塗りつぶされて描かれていた。

出典 http://irorio.jp

彼らを説明する文字は英語ではなく、この文字を見た投稿主は「娘が作り上げた文字だと思うけど、もしかして何処かの言葉だったりする?」と、画像共有掲示板imgurに質問を投稿した。

さらに絵の中には、実際にはないはずの部屋が、子ども部屋の横に描かれている。

出典 http://irorio.jp

父親は念のため、絵を頼りに知らない部屋の存在を確認・・・

娘が案内した「謎の部屋の入口」
この絵を描いた後に、娘が「謎の部屋の入り口だ」と案内してくれたのはバスルームだった。壁の一部がはがれるようになっており、そこを開けても見えるのはパイプだけ。

この段階までは、投稿主は謎の人物も文字も部屋も、ただの娘の想像の産物だと思っていたそうだ。しかし娘は「本当なの」と主張。投稿主の携帯で部屋の内部の写真を撮ることになった。

出典 http://irorio.jp

娘が撮った写真にも謎の文字

娘が撮った謎の部屋の内部には、そこにはないはずのキャンドルがあり、その周りにはあの謎の文字が書かれていた。

出典 http://irorio.jp

そこには以前部屋があった

投稿主は「娘がどこからキャンドルを手に入れたのかわからない」とコメントしている。また大家に聞いたところ、そこには確かに屋根裏部屋があり、投稿主に貸し出される前に塞がれたそうだ。なぜ塞ぐことになったのかは、大家は知らないという。

出典 http://irorio.jp

父親は、明日壁を取り壊すことの決意した・・・

投稿主は明日、この壁を壊して中を見るつもりだという。果たして真相は明らかになるのだろうか?

出典 http://irorio.jp

しかし・・・4月18日の、この決意を最後に、その後の情報が一切UPされてこない・・・

もしかして!!!

投稿は128万回も閲覧されており、海外の掲示板Redditには600近いコメントが寄せられている。

出典 http://irorio.jp

この投稿に色々な憶測が飛んだ!!

【憶測1】”釣り”説

日本の掲示板でこの手の話が投稿されたら、「釣りではないか」との声が上がるように、海外でも「自作自演ではないか」との声が上がっている。

その理由は大きく分けて2つある。

・本当に子どもが書いた絵なのか?

「しわが不自然」や「子どもが間取り図を書くか?」など、絵自体がニセモノなのではないかという声が上がっている。

・壁の内部の写真の明度を上げると、左隅にソファーのようなものがうつっている=リビングで撮影した?

出典 http://irorio.jp

これに対しては「幽霊のソファーかもしれないじゃないか」と言った声もある。また、屋根裏には使わなくなったものをしまっていることが多いので、古いソファーが置かれていても不思議ではない。

もし釣りだとしたら、ぜひ高らかに釣り宣言をしてもらいたいものだ。

出典 http://irorio.jp

できれば・・・釣りであっては欲しくない・・・。

【憶測2】プロモーション説

映画やドラマ、ゲームのプロモーションなのではないかとの憶測は、やはり多くの人の頭をよぎったようだ。

とくに投稿主の名前”Donovanpeters1981″に着目し、1981年に公開された傑作スプラッターホラー『死霊のはらわた』が”Ash vs Evil Dead”というタイトルでテレビシリーズ化されることから、そのプロモーションではないかとの憶測が投稿された。この投稿は26万回も閲覧され、300近いコメントが寄せられている。

もしプロモーションなら週末のうちにネタ明かしがあってもよさそうなものだ。もしかしたら1週間引っ張って、来週末にネタ証しがされるのかもしれない。

出典 http://irorio.jp

これがプロモーションだったら、すごい面白いね。

これだけ話題になれば、普段見ないホラー映画だって、観たくなっちゃうかも!

【憶測3】本物に違いない

「本物だと信じたい」という声も多い。子どもが書いた文字は「古いヘブライ語ではないか」、「ルーン文字ではないか」との憶測が上がっているが、まだ解読した人はいないようだ。

また、明かりのついた写真を床に置かれたキャンドルではなく、天井にある小さな照明ではないかと考えている人もいる。

もし本物であるのならば、投稿主は結果をまとめている最中か、がっかりする結果だったので投稿をためらっているということが考えられる。もちろん、何かが投稿主に起こり、投稿できなくなってしまったのかもしれないが。

出典 http://irorio.jp

私は、この話は本物であると信じたい!!

そして、投稿ができなくなったのには・・・何か重要な理由があるはず・・・!!

この記事を書いたユーザー

MasakaZ このユーザーの他の記事を見る

面白いこと、ためになること・・・自分が気になった事を記事にしていきたいと思います。
アメーバ以外でも記事を書いています!Twitterもやってるのでフォローお願いします(@TubeRalin)

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス