世界が非核三原則を守れば戦争がなくなると皆さん信じてませんか?

出典 http://www.gettyimages.co.jp

広島長崎や第5福竜丸など、原子力の恐ろしさを私たちは身をもって体感しています。
そのため、いわゆるリベラル左派を中心として、反戦運動を行っている人たちも少なからずいます(中には暴走して中核派や革マル派などのようにテロ行為に走る人もいます)。

また、世界では、アメリカ、ロシア、中国英国仏国、インドパキスタンイランイスラエルの順に、核兵器を持つ量に応じて覇権が順位づけられています。しかし、核兵器を抑止できる武器がないために、相互破滅をさけるためにも核保有国同士での戦争は避けられてきました。

その結果、反戦派がどう思うか、憲法9条を改正するかどうかは関係なしに、世界は秩序を保ってきたのです。

と、こ、ろ、が、

昨年、核兵器を撃破できるかもしれない技術が我々人類の手に渡ったのです!

出典 http://www.gettyimages.co.jp

具体的にはレーザー兵器なのですが、今後開発が進めば、1射撃1ドルのレーザー兵器で、国家予算級の多額のコストがかかる核兵器がつぶされる、という時代がやってきます!

核兵器がなくなったから万歳!とリベラル左派は一瞬思うのかも知れませんが、実はむしろ逆のシナリオが想定されています。

スター・ウォーズの世界のように、互いにレーザー兵器同士の戦いがよくおき、世界各国が戦場と化すと言われているのです!

また、今までは互いに核の抑止力で自制心が働いていたのですが、攻撃主体ではなく、レーザーという防御が主体となると、テロリストが防御力を増したとき、だれもテロリストを止められません。ダーイッシュ(ISIL。「イスラム国」という表記をしたメディアは、そのテロリスト集団を国際社会が国家と認めていないことから、外観誘致罪として扱われる恐れがあるため。)やボコ・ハラムにでも渡ると厄介です。

参考に、

もちろん、レーザー兵器だけが次世代兵器だけではありません!

1. 合成生物(ゲノム編集)

出典 http://www.gettyimages.co.jp

遺伝子組み換え食品が現在問題になっているのに合成生物?と思っているそこのあなた!

iPS細胞やES細胞やSTAP細胞(結局偽物だったらしい)レベルでの技術だと思っているそこのあなた!

いえいえ、全然違います!もっと画期的な技術が既に発明されてきているのです!

このレベルまでいけば、スター・ウォーズのオーダー66のように、自分の思う通りの人間を作ることだって出来るんです!

あるいは、バイオテロにも応用が利きます。つまり、未来軍事的に言えば、工作員の活動を助ける、強力な武器となるのです!(そのかわり、ダーイッシュが暗躍するのを助けるために平和を保つことが難しくなります。)

2. MAHEM

金属のプレートを、高速で発射することで、一瞬にして針のように鋭い武器に変える技術です!
つまり、高速で打ち出された針を敵の戦車などに当てれば、一瞬にして破壊できるの出そう!

3. レールガン

とはいえ、レーザー兵器にくらべると劣るではないか、と突っ込まれたら、元も子もありません。。。

4. コーナーショットランチャー

出典 http://www.gettyimages.co.jp

簡単に言えば、軍事用の大型銃(というより手持ちの砲弾に近いが)で、直角に曲げられるタイプの新しい銃なのです!
ランチャー砲、これがあれば、今までは敵の視界に見えるところまで出てから銃撃をしなければならなかったところを、壁に隠れながら、壁の先だけ銃先を出せば敵を撃退できるのですね!
兵器としての性能が格段に向上します!(とはいえ、相手も同じ武器を持てば、むしろ、壁に隠れることすら意味がなくなりそうな。。。)

暗殺を警戒しなければいけない人にとっては寝耳に水な話ですが。。。

5. 昆虫兵器

昆虫を軍事利用しようという考え方の人も世の中には存在しています。

例えば、ゴキブリをサイボーグ化(ICチップを埋め込み、ロボットのようにコントロール)させ、人が入れないようなところや、敵に発見されるとまずいところに侵入させます。そこで、カメラ搭載されたゴキブリであれば、偵察をし、その情報を元に、本部から工作信号を発信して、暗殺や建物の爆破などを行います。爆弾を搭載されたものはそのまま自爆テロを起こし、ウイルスを搭載されたものはそこで病原体を感染させるのです。

特徴としては、普通の昆虫と見分けがつかなかったり、小さかったりするので、我々が敵からスパイとして送り込まれていることに気づかない、というのがあげられます。

この武器は、レーザー兵器以外では、核兵器にも負けないくらいの強力な武器ですし、昆虫に核兵器を搭載するという方法も考えられます!いやあ、恐ろしいですね!

6. DREAD

出典 http://www.gettyimages.co.jp

回転しながら小さな弾丸を秒速2000発ものスピードで撃つ兵器です。
発射するときに反動、音、熱が出ない、という特徴があるので、敵に気づかれずに暗殺するのにはもってこいなのです!

(逆を言えば、私たちは、ロマンチックだからといって、高層ビルの窓辺から夜の夜景を見ながら乾杯してはいけませんね。。。暗殺の格好のカモとなってしまいます!)

7. ドローン(オーロラ・エクスカリバー)

出典 http://www.gettyimages.co.jp

皆さんはオスプレイを知っていますよね?

出典 http://www.gettyimages.co.jp

ヘリコプターとプロペラ機の両方の機能を持った、あの優れたアメリカの軍用機ですよ!

ドローンとは、このオスプレイを、小型化させたものです!

アマゾンが宅配に利用を開始しようとしています!
そして、今年は、ドローン元年とも言われています!

ドローン、使い道は、とにかくとにかく幅広いです!!!

これがドローンです!

出典 http://www.gettyimages.co.jp

これが、アマゾンが想定している、宅配場面です。

引っ越し業者を頼まずに、ドローンが運んでくれるのですね!業者の中にまぎれている変態に痴漢される心配もありません!

普通の人が今まで撮影できなかったシーンも撮影できます!

出典 YouTube

例えば花火のそばからの撮影、私たちは出来ますか?
でも、ドローンなら(ラジコンヘリもドローンの一種)このような特殊なシーンだって撮影できるのですよ!

他にも、セルフィー(自撮り)ではないですが、サーフィンを足下から撮影するなどの場面も考えられ、とにかく、使い道が一気に広がります!

これがドローンでの撮影場面です!

出典 YouTube

他にも、昆虫兵器と同じように、偵察ツールや工作用のツールにも使われます。
監視カメラも、このドローンにレーザー兵器を搭載してしまえば、無用の長物となってしまいます。。。
あるいは、戦闘機に対しては物量作戦で大量の超小型ドローンが群がれば、戦闘機のミサイルや銃弾が事切れたりドローンへの攻撃を外したりしているときに、機体のコックピットを無理矢理こじ開けてパイロットを暗殺することも可能です!

さらに、もしドローン技術が発達すれば、空中だけでなく、潜水用のドローンも開発され、水面下から、排水溝からの不意打ちもできるようになってしまいます。
戦闘機と同じように潜水艦も乗員が暗殺される対象になることすらあり得ます!
逆に、相手の昆虫兵器やドローンは、同じドローンで見つけなければならなくなるのかも知れません。いや、ドローンなら絶対見つけられると言ったほうが正しいでしょう!
この特徴から、ボディーガードの代わりにも使えるのです!

こんな感じで、非常に優秀なスパイツールなので、もしかしたら、戦闘機の数よりもドローンの数のほうが国力を表す時代がやってくるのかも知れません。。。


もしかしたら、ドローン戦争の時代がやってくるのかも知れませんね。。。

ちなみ対戦車ミサイルを搭載できる、無人偵察機並のドローンをオーロラ・エクスカリバーと言います!

出典 http://www.gettyimages.co.jp

垂直離着陸ができ、静かな暗殺兵器となる点は、大型になっても変わりません!

昆虫ですらカバーできないところもドローンならカバーできるようになり、利用範囲も無限なので、兵器としては非常に優秀です!

8. XM25グレネードランチャー

レーザー兵器に劣ると言われたら元も子もありませんが、上空でも発射できるランチャー砲です。
上空は空気が薄いので、今までは銃撃に不向きで、陸上でしか使えませんでしたが、これがあれば、例えば、敵の飛行機に近づいて、そばから機体を打ち抜く、ということも可能になります!

これ、もはやスター・ウォーズそのものですね!

出典 http://www.gettyimages.co.jp

「非核三原則」、これからは、新しい時代の戦争が始まるという意味で使ってくださいね!

この記事を書いたユーザー

師稼威志会 このユーザーの他の記事を見る

トップキュレーターを目指しております。他に、これから活躍するであろう未来政治家、テレビにあまり出てこない芸能人、アーリーステージの起業家、その他将来性のありそうな人物を、独断と偏見で発掘し、繋げることも手がけております。
Amp. でライターをしたことがあったり、Curazyの記事作成の手伝いをしたこともあり、バイラルメディアのマスコミ化に努めております。

権利侵害申告はこちら