ビームラーオ・アンベードカル(インド憲法の父:ネルー内閣の法務大臣:不可触賤民/アンタッチャブル 身分出身) 曰く

「自分の社会哲学は 自由、平等、友愛であるが、これはフランス革命から学んだものではなく、わが師ブッダから学ん だものである」

出典(1954 年 10 月の全インド放送)

私は、宗教は、若年にのみ必要で、老年になるにしたがって無信教であるべき(無信教となるべき)だと考えています。然しながら、子供の頃から無信教であることは危険です。拠り所の無いアイデンティティの無い人間にしか育ちませんので、不安のみが増し単に精神が混乱するだけとなるでしょう。

一般的に、凡人にとっては、宗教観を持っていない限り人生は成立しないのではないでしょうか。

因みに、私は、大丈夫(平気)です。心の拠り所は「自分の脳」ですので。老年になっても、無信教であってもなんとも思いません。そして、その方が私は健康だとすら思っています。大体、凡人から「南無阿弥陀仏とはなんぞや」なんてお説教くらったって、自分の信念(己の幸福は己の「眼と魂でのみ」見つける事が出来る)の方が絶対なので<私には>意味が無いです。ですので、私は無信教であるし、今後私が老年になるに従ってそれはハッキリするでしょう。膨大な教養は、どの宗教にも与しない強靭な精神を修養するため。然し、宗教観は完全に仏教で彩られている事は事実であると考えていますし、それはとても幸せな事だったと切に思っています。

そもそも、「宗教などと言うものは要らない」と、<見つける>(諦める)事が出来るのが、本物の宗教ではないでしょうか。そういう教えを組み込んでいる宗教こそが本物。然し、流行らない事は目に見えている。なので、成立しづらいし見つけづらい、と言うだけでありましょう。

人生に教えは必要でも神の存在は要らない

出典Tetsuya Kitahata

さて

一切衆生とともに救われていく路が平等に存在する。

出典Tetsuya Kitahata

マルクス主義が否定したのは神であり、宗教ではなかったはずです。と言うわけですので、中国やベトナム・ラオスに伝播した時に出来たのは(すべきだったのは)、神との契約を前提とした宗教の排除のみでしょう。仏教の排除に意味や価値はなく、却って有害としかなり得ていません。

ロシアは以前はアメリカと一緒でした。キリスト教国として全く同じ。マルクス主義は、神をベースにした宗教を廃止させようとしました。中国に入った時に、「本来は神との契約を唾棄すべきだというだけなのに」仏教を弾圧してしまった。ロシアは(ギリシャに由来のロシア)正教会を破壊した。そして、今のロシアとアメリカの対立は、無宗教国とキリスト教の対立、と言うだけになっているのでしょう。(ロシア対アメリカ)

アメリカが恐れたのは、社会・共産主義と言うものではなく、マルクス主義の「神の偶像崇拝否定」の部分のみ。であるが故に、アメリカが偶像崇拝をそもそも(本来は)しない仏教国の社会・共産主義化を恐れるのは「場違い」です。(空気嫁!orz)

世界が抱える問題の解決策は単純ではないでしょうか。日本は仏教国になるべきでしょう(但し、異端を排除:基本的に、浄土宗・浄土真宗・池田教orz含めて、特定の人間の名前が出てくる異端は全て排除)。タイ王国やミャンマー辺りが大きな参考になります。そして、仏教国として認識するのであれば、更に推し進めて、資本主義の多くの根源発想はキリスト教が生み出したものと認識する事です。但し、仏教なりに「解釈」は可能なので、その「解釈」に誠心誠意勤しむべし。社会・共産主義は、実は、仏教には「マッチ」しています。ただ、マルクスが否定したものを「正しく解釈しなかった」為に、弾圧が起き、悲劇が起きていると割り切るべき。韓国は、相手にしない方が良いです。キリスト教の国と割り切るのがベスト。フィリピン共和国はキリスト教国ですので距離を置く。中華人民共和国は、無信教の国になった事を前提にお付き合いすると良いのだと思います。(尚、中華民国は道教ですが、仏教とほゞ同一視しても影響はないと思います。台湾/フォルモサは大事な国 - Taoは素晴らしい) 80%近い仏教信者の居るベトナムもそうですが、矢張り、一番大事にすべきは、タイ王国やミャンマー国だと思います。

イスラム教とは、仏教は仲良く出来る(共存共栄可能)のだと考えています。仏教徒がイスラム教をもっと知って(明らかにして)、付き合い方を学べばいいだけでは無いでしょうか。ミャンマーがこれを出来て規範を見せる事が将来的に出来ればベストでしょう。ヒンドゥー教(バラモン教)の差別を通じて、仏教が出来ていると思えば、ヒンドゥー教との付き合いも楽になると思います。前掲のインドの憲法の父(法務大臣)は、不可触賤民/アンタッチャブルから始まって、仏教に帰依しています。

平等であるとか、自由であるとか、そういう概念は、オリジナルで仏教が持っていて、キリスト教が「別用途で」注入した、と考えるのが良いのだと思います。ですので、仏教徒は、バルフ・デ・スピノザあたりから始めて、その派生したもの/概念を、仏教風に「取り込めば」、物事は大部分がうまくいくと思います。キリスト社会が、仏教などで当たり前だった概念を「再発見」しているケースは驚くほど多い事に、多分やがて皆さんが気づいていくのではないでしょうか。

日本語の「自由」は結構曖昧であるのと、元々は「解放」であったり 「御免」 なのですよね。自由主義が言うのは「リバティ」。権利として英語化されているのは「フリーダム」。語源からして違います。「自由」と言う単語はもともと仏教用語です。近代化された時の「当て字」。自らを拠り所とする、と言う様な意味合いです。例えば、服装を選ぶ云々で「選択の自由」と言うのはないと思います。もしそれを言うと、思考の放棄だと私は思います。「貴方と違うのよ」と見せつけたいという欲求を指して、自由とは言いません。オリジナルが仏教用語であることからしても、(仏教の袈裟等を考えるに)服装に関してはあまり考慮はされていなかったように見えますしね、そもそも。

個人的自由と経済的自由には、違いが有ります。経済的自由云々が資本主義と社会主義を分けています。私は、よく、ノーラン・チャートを使うのですが。合意形成の方法で出てくるのが「民主主義」。合意を一旦形成すれば、自由意思にかかわらず<従う事>するのが前提となっているので(<従う事>が伴わなければ、そもそも合意は形成されない)、日本語で言う「自由」とはちょっと違う意味合いも含まれるのかもしれません。

仏教は、縁起思想・無我思想に基づいて、いのちのつながりを大切にした平等観(平等)を明らかにしています。即ち、一切衆生とともに平等(equal)に救われていく、苦悩から解放(自由:Free)され、限りないいのちにつながっていく道を明らかにしていったのです。

多くのキリスト教の信者が”発見”(ナホトカ!)した、「科学」に基づく知見の結論は、結局言えば、仏教やそれに準ずるものの「脱構築」+「再構築」だと思います。キリスト教徒が「構造を発見」したものは、実は仏教では前からあった、と言う事は、本当に数多くあるのだと私は思いますが、如何でしょう。キリスト教構造の一種である資本主義も、結局言えば、「帰依」はなく、経済的な「差別」にもがき苦しむだけの構造を利用して、欲を増加させ、人類をスポイルしている構造と言うだけではないでしょうか。

そのときちょうど迦葉・阿難の二尊者を連れた釈迦牟尼如来がそこを通りかかり、悟空の前に立ち塞がって闘いを停めたもうた。悟空が怫然として喰ってかかる。如来が笑いながら言う。「たいそう威張っているようだが、いったい、お前はいかなる道を修しえたというのか?」。悟空曰く「東勝神州傲来国華果山に石卵より生まれたるこの俺の力を知らぬとは、さてさて愚かなやつ。俺はすでに不老長生の法を修し畢り、雲に乗り風に御し一瞬に十万八千里を行く者だ」。如来曰く、「大きなことを言うものではない。十万八千里はおろかわが掌に上って、さて、その外へ飛出すことすらできまいに」。「何を!」と腹を立てた悟空は、いきなり如来の掌の上に跳り上がった。「俺は通力によって八十万里を飛行するのに、儞の掌の外に飛出せまいとは何事だ!」。言いも終わらず觔斗雲に打乗ってたちまち二、三十万里も来たかと思われるころ、赤く大いなる五本の柱を見た。渠はこの柱のもとに立寄り、真中の一本に、斉天大聖到此一遊と墨くろぐろと書きしるした。さてふたたび雲に乗って如来の掌に飛帰り、得々として言った。「掌どころか、すでに三十万里の遠くに飛行して、柱にしるしを留めてきたぞ!」。「愚かな山猿よ!」と如来は笑った。「汝の通力がそもそも何事を成しうるというのか?汝は先刻からわが掌の内を往返したにすぎぬではないか。嘘と思わば、この指を見るがよい」。悟空が異しんで、よくよく見れば、如来の右手の中指に、まだ墨痕も新しく、斉天大聖到此一遊と己の筆跡で書き付けてある。

出典 http://www.amazon.co.jp

(Kindle版は無料)

釈迦牟尼如来(お釈迦様)の掌で行き来しているのは、悟空でしょうか、それとも、資本主義と言う名の筋斗雲の上で科学と言う名の如意棒を振りかざすキリスト教信者でしょうか。。。。

私は、どこにも「与する事は有りません」。 宗教と言う実質的な苦悩に与しないからこそ自由、なのです。

例えば、神の存在を押し付けるキリスト教徒として「平等」や「自由」を唱えるのは、「傲慢」だと私は考えます。

他人を従わせる為に、信教を使うのは、邪悪の根源(Root/Axis of Evil !!)。自己鍛錬と修養無くして、<幸せ>と<平等>と<世界秩序>は有りません。

畢竟、トマ・ピケティ氏が指摘しているのは、
「資本主義と言う名前を借りた、キリスト教の差別主義と強欲主義の傲慢と虚構」
に過ぎないとも言えなくはないでしょうか。

Peace.

注: 私は無信教(笑)

著者:

北畠徹也(英語:Tetsuya Kitahata 露語:Тэцуя Китахата)は、1974年生まれ。1993年東京大学教養学部理科2類入学、1999年同大学法学部私法コース卒業。北海道生まれのアントレプレナー。現在:株式会社テラ・インターナショナル代表取締役。ICIT(Information, Communication and Integration Technology)コンサルタント。タイ王国バンコク都在住。

この記事を書いたユーザー

北畠徹也 このユーザーの他の記事を見る

北畠徹也(英語:Tetsuya Kitahata 露語:Тэцуя Китахата.)は、1974年生まれ。1993年東京大学教養学部理科2類入学、同大学法学部私法コース卒業。北海道生まれのアントレプレナー、コラムニスト、旅人。現在:株式会社テラ・インターナショナル代表取締役。ICTコンサルタント。タイ王国バンコク都在住。

ネットワーキングコミュニティに造詣が深く、ブログ・wiki・Mixi・Twitter・Facebook・Google+などのアーリーアダプターである。

世界中に実名の30万人以上のリーチを持つソーシャルメディア(ソーシャルネットワーク)の第一人者であり、オープンソース(Opensource)業界では、HTTP Server で有名な The Apache Software Foundation(アパッチ財団)の、個人スポンサーや、コミッタ(Committer)であったことでも有名(日本人/日本法人で初めてのスポンサー、個人では世界初)。Wikipedia, Perl, Mozilla, Python をはじめ、様々なオープンソース・オープンプラットフォームに寄付を行う慈善事業家。インターネットがより深いレベルで社会生活に浸透していけばよいと切に願っていると同時に、ネットにおけるコミュニケーション・オフライン(現実社会)におけるコミュニケーションがどう密接につながっていくのかを読み取っている。

権利侵害申告はこちら