GWなのに・・・ひとりぼっちで予定がない・・・

出典 http://www.gettyimages.co.jp

そんな人も多いのではないでしょうか。

「GWは旅行に出掛ける!」誰がそんなこと決めたんだ!!日頃仕事に追われて、出来ないことをジックリやってみる・・・そんな大型連休でもいいじゃないか!!

・・・ってことで、「世界で最も影響力のある100人」に入った日本人、「片づけコンサルタント」近藤真理恵さんの“片付け術”を実践してみませんか?

出典 http://plaza.rakuten.co.jp

カレンダー通りの休日なら、普段できない片付けが出来そう!

まずは、「近藤真理恵」さんってどんな人?

出典 http://iemo.jp

東京女子大学在学中から片付けコンサルティング業務を開始しているという、バリバリのワーキングウーマンです。幼い頃から愛読書は生活関係の雑誌で、常に部屋を綺麗にすることを考えていたそうです。

出典 http://iemo.jp

著書『人生がときめく片づけの魔法』(サンマーク出版)はミリオンセラーとなり、国内でシリーズ累計190万部を突破。

本著は世界30カ国以上での翻訳が決定するなど大きな注目を浴びている。中でも2014年に出版されたアメリカ版『The Life-Changing Magic of Tidying Up』はニューヨークタイムズをはじめとした数々のメディアで紹介され、米Amazon総合1位となるなど、社会現象となっている。

出典 http://konmari.com

近藤真理恵流掃除術は「ものを大切にすること」

出典 http://www.gettyimages.co.jp

近藤真理恵流片付け手順①衣類

出典 http://www.gettyimages.co.jp

片付けは衣類から手を付けるのがこんまり流。

クローゼットやタンスから服を全部床に出し、「いるもの」「いらないもの」に分けます。家族が多かったり洋服の種類が多い人だと、これだけで数時間かかりますが、その作業を怠っては前に進めないそうです。

か?3年以上ストックを抱えているのであれば、洋服は処分しましょう。それか知り合いに譲る等して処分しましょう。

洋服には流行があります。また、経年劣化もします。黄ジミのついたお洋服を着せるより、その時にあった洋服を合わせてあげたいですね。

出典 http://iemo.jp

近藤真理恵流片付け手順②本

出典 http://www.gettyimages.co.jp

お次の整理は本です。写真のような本棚であっても、全部の本を床に出します。足の踏み場がなくなってしまう?現時点で本棚に入りきっていないので余剰本なのです。

本の整理も実際に手にとって見て「ときめくかときめかないか」。中身を見ずに瞬時に仕分けしていきます。

「いつか読むから」はありません。家の床が抜ける前に仕分けしましょう。不要となった本は図書館に寄贈するかブックオフ等で処分しましょう。

出典 http://iemo.jp

近藤真理恵流片付け手順③書類

出典 http://www.gettyimages.co.jp

書類は大半がいらないものです。学校のおたより、子供の使い古したノート、医療控除のレシートなど。思いきってばっさり捨てましょう。

年賀状も整理しておくのは良いですが、ストックは一年分だけに留めて。数が増えれば増えるるほど捨てられなくなります。

年賀状は52円の挨拶です。私は元気ですよ、ということが伝わるものと考え、処分しましょう。

出典 http://iemo.jp

近藤真理恵流片付け手順④小物類

出典 http://www.gettyimages.co.jp

小物類の整理で困るのはプレゼント類です。例えば、キーホルダーや絵葉書など。もらったは良いけれど使い道もなく、また、新品は捨てるのも忍びないのですよね。

自分が身に付けるものはお気に入りのものが一番です。プレゼントは受け取ることが大事と考え、不要品は処分しましょう。

掃除をしていると必ず出てくる文房具類にも注意が必要です。文房具は劣化しにくい為、20年も前のものでも平気で残っていますよね。でも、鉛筆もペンもストックがあるのにお店で新品を購入してしまうのはなぜ?

それは「ときめいていない」からなのです。

使えるとわかっていても使わないのはあなたにとって不要品なのです。思い切って処分しましょう。

出典 http://iemo.jp

近藤真理恵流片付け手順⑤思い出品

出典 http://www.gettyimages.co.jp

一番難しいものは思い出品です。一つ一つに意味があってなかなか捨てられないのです。お子さんが幼稚園の時に作った作品や、子供の頃の写真、卒業アルバムなど、捨てろと言われても躊躇してしまいますね。

しかし、こんまりさんはそんなものこそ断捨離しなくてはならないと言っています。お気に入りのショット以外は処分する、作品はデジカメで写真を撮った後に現物を処分するなど、ちょっとした工夫でものが半分以下になります。

ラブレターなどの思い出品もこの際バッサリ捨てましょう。実際、あなたが未だに持っているとは相手も思わないでしょう。というか、あなたが出したラブレターを相手が20年も持っていたらどうでしょうか。捨ててくれと懇願しますよね?

出典 http://iemo.jp

ポイントは「とにかく一旦全部出す」にある

まずは、衣類、書類、書籍などを種類別に一気に床に並べてみます。そして、1つずつ「ときめくかどうか」つまり「必要かどうか」で判断して捨てる物と取っておく物とに分類していきます。

出典 http://j-dress.biz

そして、近藤真理恵流の10のエッセンス

(1)「ときめき」を基準に残すものを選ぶ。

出典 http://j-dress.biz

ただただ捨てるだけでは、片付いた生活は長続きしません。自分のモチベーションを上げてくれる「ときめき」のあるものを残し、「ときめかない」ものは捨てましょう。

2)「片付け祭り」の開催日を決めて一気に。

出典 http://j-dress.biz

片付けは、ダラダラやってもはかどりません。整理できない自分に「片を付ける」ため、心を決めたら一気に取りかかりましょう。

(3)収納を考えるのは最後。

出典 http://j-dress.biz

いきなり収納のことを考えても、何がどこにあるのかが分からなければ意味がありません。収納よりも、自分が所有しているものは何かを把握しましょう。

(4)場所ごとではなく、モノ別で片付ける。

出典 http://j-dress.biz

衣類や文房具、食器など、同じ種類のモノがまとまっていれば、出し入れしやすくなるので、ふだんの片付けもやりやすくなります。

(5)モノの定位置を決めること。

出典 http://j-dress.biz

モノの定位置を決めることで、モノを出した後もすぐにしまえて、部屋をキレイにキープすることができます。

(6)新しいモノを手に入れたら、新たに定位置を決める。

出典 http://j-dress.biz

何かと増えるモノだからこそ、新しいモノにも定位置を決めましょう。もちろん、新しいモノを手に入れる時も吟味が必要です。

(7)思い出の品はダンボールに収納してしまった時点で、死んでしまっている。

出典 http://j-dress.biz

思い出の品をダンボールに入れた後、押し入れの奥にしまっていませんか?それは、もう「いらない」のと同じこと。本当に必要な思い出の品は、見えるところに収納しましょう。

すっきり暮らすことは心もすっきりさせてくれる

出典 http://www.gettyimages.co.jp

どうです?
近藤真理恵流の片付けを実施しようと思うと、GWしかないでしょ!!

家や部屋の片付けは、大変かもしれませんが、すっきり暮らすチャンスかもしれません!!

せっかくのGWなのに、予定がないなんて嘆いてるあなた、せっかくのGWだから、片付けですっきりしませんか?

この記事を書いたユーザー

MasakaZ このユーザーの他の記事を見る

面白いこと、ためになること・・・自分が気になった事を記事にしていきたいと思います。
アメーバ以外でも記事を書いています!Twitterもやってるのでフォローお願いします(@TubeRalin)

権利侵害申告はこちら