ドラマと洋楽という視点で今回は幾つかの楽曲をご紹介いたします。

洋楽バーを営む筆者は以前から、然程テレビっ子ではありませんでしたが、やはり洋楽を聴く者として、ドラマで良い洋楽が使われていると、それを理由にそのドラマまで観てしまうことがありました。

そんな中で、特に多くの読者の皆様と感動を共有出来そうな幾つかをチョイスさせて頂きました。是非ご覧になって頂き、「懐かし~」、「俺のあの頃は輝いていたな~」等と、いろいろ余計な事を考えながら、明日の活力にしようではありませんか!

「電車男」TWILIGHT・ELECTRIC LIGHT ORCHESTRA

出典 YouTube

では、早速。「電車男」です。ドラマの内容もインターネット掲示板文化を上手く伝えた画期的なものでした。この主題歌は80年のもので時代が違うものの、電車というテーマから連想される疾走感を上手く表現できているなぁと感心してしまいました。合っていると思います。皆様如何お感じでしょう?

曲はエレクトリック・ライト・オーケストラ(ELO)のヒット作。これを切っ掛けに日本独自ベスト盤も発売されていましたね。

「エンジン」I WAS BORN TO LOVE YOU・QUEEN

出典 YouTube

クイーンの故フレディ―・マーキュリーのソロ音源にクイーンの面々が伴奏を足したバージョンです。キムタクがレーサーになるドラマということもあって、ドラマ・音楽共々とてもウケたようで、クイーンの「ジュエル」等の新企画ベスト盤等の発売を、このドラマが誘発したと言われています。
ドラマのシーンとサウンドが沁み込みやすい、壮大な感じがウケたんでしょうかね?皆様如何でしょうか?

「ストロベリー・オンザ・ショートケーキ」S.O.S・ABBA

出典 YouTube

スミマセン、筆者、このドラマ観てないです(笑)ということで、中身は分からないのですが、この画像を見る限り、結構強引に合わせてきましたねぇ。。。という印象(笑)。今筆者より全然若い30代の方々が「アバ、懐かし~」というのは、リアルタイムじゃない、こういった聴き方をしたからなんでしょうね・・・。むしろ新鮮だったということでしょうか?

洋楽バーで筆者は店番をしていますが、時々そういったことに出くわします。野島伸司は、脚本と音楽を強力に(強引に?)リンクさせますよね。。。

「未成年」I NEED TO BE IN LOVE(青春の輝き)・CARPENTERS

出典 YouTube

90年代、いしだ壱成主演で超ヒットとなった、これまたこの頃ノリにノッていた脚本家野島伸司の作品です。

オープニングは、同じくカーペンターズの「トップ・オブ・ザ・ワールド」ですが、今回はエンディングのこちらをチョイスしてみました。

筆者もこのドラマは観ていました。ただ、筆者はこのドラマの世代より年上なもので、感情移入が深く出来ませんでしたが、もう少し若い読者の方々には、これぞ青春!!な方も多いのではないでしょうか?

「29歳のクリスマス」MARIAH CAREY・ALL I WANT FOR CHRISTMAS IS YOU

出典 YouTube

スミマセン、4月に投稿ながら季節外れですが、「29歳のクリスマス」の主題歌。山口智子らの主演で話題になりましたね・・・。

90年代は特にクリスマスを恋人とどう過ごすかのようなテーマが、ドラマや雑誌からも沢山発信されていましたね。。。今は筆者が歳を取ったのか、本当にそういう情報が少なくなったのか分かりませんが、あの頃の世の中の必死さ?を感じない気がするのは筆者だけですかね・・・

曲はご存知マライヤ・キャリー。日本国内で130万枚のセールを記録して、来日コンサートではクリスマス・シーズン以外も、この曲を歌ってくれるらしい・・・

「恋人よ」CELINE DION・TO LOVE YOU MORE

出典 YouTube

最後に筆者が一番ドラマと音楽の関係性で印象深いこの一曲をご紹介。

葉加瀬太郎氏(筆者激似・(笑))のヴァイオリンも効果的に採用されたセリーヌ・ディオンの名曲。

ドラマは、鈴木保奈美やら岸谷五朗等が出てきて、何ていうんでしょう、、、どうして近場でそんなに偶然が沢山あって濃いのか、、、有り得ないだろう、地球に10人位しかいない世界みたいな内容(笑)に感じましたが、ドキドキ毎週観ていました。結構楽しみでした。それで、この曲が最後流れると、なんだかとても悲しくなるんですよね・・・

懐かしのドラマと洋楽タイアップ、如何でしたか?

結局ご紹介したのは90年代のものが多くなりました。この時代は、CM・ドラマと洋楽のタイアップが非常に多く、逆にそれが無いと売れない位の時代でしたね。

バブルは崩壊しているのにミリオンセラーも多く、今思い出すと、筆者は若かったですし、景気が悪いということが良く分からかったですね。。。今より余程メディアも元気だった気がしますし、恋愛とか、物欲とか、何でしょうね。。。人々が貪欲だった気がします。

勿論それには賛否があると思いますが、筆者にはあの頃の空気のが合っている感じがします(笑)
皆さんはご覧になって如何お感じになられましたか?
最後までお読み頂き有難うございます。

この記事を書いたユーザー

奥村裕二 このユーザーの他の記事を見る

東京都大田区大森生まれ。立正大学附属立正高等学校、尚美学園短期大学音楽ビジネス学科、放送大学教養学部生活福祉専攻卒業。STAY UP LATEオーナー。 ライター業と、セミナー講師、司会業も実質少々。江戸川区在住、一児の父。愛猫家。

得意ジャンル
  • マネー
  • 動物
  • 国内旅行
  • おでかけ
  • グルメ
  • 恋愛
  • 美容、健康
  • キャリア
  • おもしろ
  • 音楽
  • 社会問題
  • 育児
  • コラム

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス