今年の大河ドラマは幕末

視聴率はあまりよくないようですが今年の大河ドラマは幕末長州が舞台です。
幕末と云いますと暗殺や京都での事件が多発や政変が起きて暗いイメージがありますが、そんな事なく明るい生活や笑顔が庶民には溢れてました。

イギリス外交官が語った幕末の日本

井伊直弼が開国した日本にやってきたイギリスの外交官にアーネスト・サトウという人物がいます。

アーネスト・サトウ

出典 http://www.dokidoki.ne.jp

サー・アーネスト・メイソン・サトウ(英語: Sir Ernest Mason Satow、枢密顧問官、GCMG、1843年6月30日 - 1929年8月26日)は、イギリスの外交官。イギリス公使館の通訳、駐日公使、駐清公使を務め、イギリスにおける日本学の基礎を築いた。日本名は佐藤 愛之助(または薩道愛之助)。日本滞在は1862年から1883年(一時帰国を含む)と、駐日公使としての1895年から1900年までの間を併せると、計25年間になる。植物学者の武田久吉は次男。

出典 http://ja.wikipedia.org

アーネスト・サトウは当時の日本人のことをこう記してイギリスに紹介してます。

「日本人は決して豊かではないのに子供も大人も明るくよく笑って生活をしている。」

日本の庶民は殺伐とは無縁に明るく笑顔で暮らしてることにアーネスト・サトウは驚きを持ち、日本人の家族を持ち家族のいる日本で暮らそうと何度も思ったそうです。

日本に魅せられたアメリカ人画家

幕末の頃1857年に日本を描き続ける画家がアメリカで生まれました。彼の名前はロバート・フラム。

1876年19歳になったブラムは「フィラデルフィア万博」で日本文化に衝撃を受け、いつかその地を踏むことを夢に抱きます。そして、14年後の1890年、ブラムが33歳の時についに日本に行くチャンスが訪れます。上野で開催された「第三回・国内勧業博覧会」に招待されたことを機に、その後2年半に渡り、彼の目を奪った江戸の香りが色濃く残る日本を描き続けることになります。

出典 http://gallery.knoxox.com

その彼の描いた当時の日本と日本人をご覧ください。

東京の花市場

出典 http://fundo.jp

出典 http://fundo.jp

芸者

出典 http://fundo.jp

七宝

出典 http://fundo.jp

絹商人

出典 http://fundo.jp

The No Dance

出典 http://fundo.jp

日本のサムライ

出典 http://fundo.jp

日本の女性

出典 http://fundo.jp

飴屋

出典 http://fundo.jp

目黒不動

出典 http://fundo.jp

教科書には載ってない庶民の暮らしをこうして絵画で知ることができるのは貴重です。
他にも見たいと思った人はこちらをどうぞ!

この記事を書いたユーザー

篁五郎 このユーザーの他の記事を見る

政治・経済、思想・哲学、文学を学びつつ地元を中心にラーメンを食べ歩くフリーの物書きおじさんです。
spotlight公式/プラチナライターでもあります。仕事は随時受け付けしてますのでブログなどを参考に依頼待ってます。
ブログ:http://ameblo.jp/komi1114/
メールアドレス:komi1114@gmail.com

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス