はじめて赤ちゃんが発した言葉はなんでしたか?

赤ちゃんが言葉を発した瞬間、それは「ママ」でしたか?「パパ」でしたか?一番最初の言葉がどんな言葉なんだろう?!とワクワクしているパパとママは多いのではないでしょうか?

パパと言ったら喜ぶんじゃないかな?!とママが必死にパパと言う言葉を教えた!というママもいますが、中々赤ちゃんは思うように「話して欲しい言葉」を言ってくれないようです(笑)

では、赤ちゃんは最初に発した言葉は、一体どんな言葉が多かったのでしょうか?!

一番多かった言葉は(ママーと聞こえるけど)「まんま」(ごはん)だった!

もっとも多かった「まんま」は、生後10カ月から話され始め、平均1歳3カ月半で話された。上位50語を分類すると、あいさつなどが16語と最も多かったが、普通名詞や性質を示す言葉、家族などを示す言葉、動作語や代名詞・疑問詞などバラエティに富んでおり、赤ちゃんは早い時期から多様な言葉を使っていることが判明した。同研究所では、今後さらに男女差など詳細な分析を進めるという。

出典 http://news.mynavi.jp

ママが「まんま?」と話しかけること、食べて美味しいこと、お腹がすいて食べたら満たされる感覚、総合して「まんま」が一番多いようですね。はじめて話したわが子の言葉は、本当に感動するでしょう!

テレビで見ていたせいか、意外と多い第一声がなんとキャラクターの名前!「あんぱんまん」らしき言葉!

「アンパンマン」しかもきれいにアンパンマンって発音しててびっくりしました。最近は「アンパン」に省略されてしまいましたが・・・

出典 http://sukupara.jp

うまく言葉が発せない赤ちゃんでも大好きな「アンパンマン!」という言葉を発したという事例は数多くありました。ただ、しっかりと「アンパンマン」といったというよりは、略されたりアンアンマンだったり、アンパンマンっぽい言葉だった事の方が多いようです。

パパが喜ぶ言葉と思った?!「おかえりー!」という言葉が初めてだったパターンも♡

帰宅時に限らず、パパの顔を見ると「おかえりー」と言います。

出典 http://www.happy-note.com

パパが家に帰るたびに、ママと一緒に「おかえりー!」と出迎えていたら、ちょっと意味が違って覚えちゃったのかな?(汗)パパにおかえりー!というと、パパも嬉しそうな顔をするから「おかえりー!」を沢山プレゼントしたくなったっちゃったのでしょうね♡

単語や発生しやすい言葉を徐々に話し始め、簡単な単語をいつの間にか話すようになった!

娘は1歳11ヶ月くらいで、「あか」とか「あお」とか2音で構成される言葉を大人に続いて言えるようになりました。

出典 http://19men.net

最初は「あーーーいーーー」など、単語になっていない言葉から徐々に話せる言葉を覚えていったというパターンも!段々と音、言葉、発生、理解を深めていって、難しい言葉も気持ちを伝える言葉も言えるようになっていくのですね。

パパは大喜び!最初の言葉は「パパ」だった!(ママはちょっと悲しい(笑)

最初に覚えた言葉は「パパ」です。なんでぇ~、四六時中ママといるのに、それはないだろう~って思いました^^
やはり最初は、「パパ」「ママ」「ブーブー」(車)「カンカン」(踏み切り)「ガンガン」(ベルトコンベアで砂を運んでる物)「ウーウー」(消防車)と言うように同じ言葉の繰り返しでした。

出典 http://oshiete.goo.ne.jp

これはママが赤ちゃんに対して「パパはね~」と色々お話をしているのかな?と感じました。ママは自分のことを「ママはね!ママがね!」などあまり話すことなく、お仕事で頑張って中々赤ちゃんと触れ合えないからこそ、パパの頑張りを伝えていたら「赤ちゃんがパパという言葉を覚えたのでは?」と推測♡

パパは大喜びですね♡

ウチの息子もまだ殆ど話しません。「パパ」や「じぃじ」「ばぁば」は言いますが、何故か「ママ」は言わないし。
それ以外には「バイバイ」「ブーブ」くらいでしょうか。

出典 http://oshiete.goo.ne.jp

やはり、「ママ」をいわないというパターンの赤ちゃんが多いようです。ママが話す言葉の中に、ママという言葉が含まれていない(少ない?)からなのでしょうか。

礼儀正しい赤ちゃんになっていた!「はいどうぞ!」が第一声だった!

うちの子が初めて言った言葉は、「あいどじょ」(はい、どうぞ)だったと思います。でもこれは音だけ真似していたようで、意味はちゃんと分かっていなかったみたいです。

出典 http://oshiete.goo.ne.jp

意味がわかっていなかったとしても、礼儀正しいあかちゃんですね!すごい!!ママが「はいどうぞ~!」といっていたのを覚えたのでしょうね!

はっきりわかったのは、1歳1ヶ月での「どうじょ(どうぞ)」です。親の口癖がでるそうで…なんでも「どじょ」と配る姿はかわいいですけどね。

出典 http://www.jineko.net

ママの口癖だったのですね!はやり、よく聞く言葉が第一声に繋がる様子?!

なぜ赤ちゃんがはじめて発する言葉が「ママ」「パパ」が多いのか?

同じ読みを繰り返す言葉自体が、赤ん坊でも容易に認識できる言葉であり、効率よく学習する言葉であるということが分かったようです。

そこで、世界的に広く利用されいる、両親の表わす言葉の「ママ」や「パパ」が、一番身近で繰り返し言葉であるため、赤ちゃんが初めに口にする言葉になることが多いようです。

出典 http://gigazine.net

繰り返す言葉、ママ パパ わんわん にゃんにゃん ぶーぶー など、確かに「同じ言葉を繰り返す」単語ですよね。認識しやすい言葉だった!というのが主な理由だそうです。

だから、お母さん お父さんなど最初に教えようとしてもうまく発音できないのかもしれませんね。繰り返す言葉に置き換えて、会話をしていくのも意外と赤ちゃんと意思疎通が取れるかもしれませんね!

「パイ!」といっておっぱいを要求してきたパターンも

友人の子の記憶では「パイ」といっていましたね。おっぱいの事なのですが、どたどたどた~!と走ってきてぎゅ♡と抱きついてくれたかと思ったら、「パイ!パイ!」を私の服を赤ちゃん自ら捲り上げてきたので笑いました。

パイはかーちゃんからもらっておくれ(笑)と言ったのですが、不思議そうな顔をしていたので女性みんな「パイをくれる人」と思ったのかな?でも、赤ちゃんは私の胸の辺りを触って「パイがない!」と驚愕の顔をしていました。ママとのパイの大きさ違いに赤ちゃんなりにショックだったらしいです(笑)

小さなパイに出会った赤ちゃんの反応は本当に「驚愕」という顔をしていましたので、(女の人じゃないの?!という顔でした)腹筋がどうかなるかと思うほど笑った記憶があります。

赤ちゃんは正直です(笑)

この記事を書いたユーザー

ぽんたす このユーザーの他の記事を見る

山の麓に移住しスローライフを楽しみながら記事を書くWebライターです。
お役立ち情報など、色々な話題を発信中!

得意ジャンル
  • インテリア
  • マネー
  • 社会問題
  • 動物
  • ライフハック
  • 育児
  • 暮らし
  • 美容、健康
  • コラム
  • ニュース

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス