シャ乱Qの名曲に欠かせない、つんく♂の歌声。あの歌声がもう聴けないという衝撃のニュース…。ファンだけではなくほとんどの人がショックを受けたつんく♂の決断。

筆者も以前、ファンクラブに入ってライブには欠かさずいくほどのシャ乱Qファンでした。
ショックは大きすぎますが、つんく♂の決断の裏にはやはり大きな存在がありました。

シャ乱Qのボーカル・つんく♂が声帯を摘出し、声を失ったことが明らかになりました

出典 http://adopsjp.ibtimes.com

シャ乱Qのボーカル・つんく♂。
1990年代のJ-POPシーンを語る上では外せないシャ乱Qという存在。名曲が多い中、つんく♂のあの歌声は群を抜いていました。
「シングルベッド」「ズルい女」「いいわけ」など、ヒット曲を連発。全国ツアーも成功させ、紅白歌合戦にも連続出場。

その後、モーニング娘。などのハロー!プロジェクトのプロデューサーとしても活躍、彼女たちを大ブレイクさせることにも成功しています。

母校でもある近畿大学の入学式プロデュースを手がけていて、2015年4月4日の入学式ではサプライズ登場して会場を沸かせました。

声帯がん治療のため療養していた音楽プロデューサー・つんく♂(46)が4日、母校・近畿大学(大阪府東大阪市)の入学式にサプライズ登場

出典 http://headlines.yahoo.co.jp

式の終盤、司会から紹介されたつんく♂は左手を挙げて大歓声に応えながらステージ中央に登場。

出典 http://headlines.yahoo.co.jp

しかし、その後衝撃の告白が…

新入生約7000人への祝辞の中で、声帯の摘出手術を受けた結果、声を失ったことを告白

出典 http://headlines.yahoo.co.jp

つんく♂は昨年3月に咽頭がんであることを公表。一度は完全寛解と発表していました

出典 http://trendtarou.blog.so-net.ne.jp

つんく♂は2014年3月に咽頭がんであることを公表。治療のため活動を休止することに。
昨年も近畿大学の入学式プロデュースを手がけていましたが、治療のため出席できませんでした。

そして、9月25日に「完全寛解」と一度は発表されたものの、10月17日にはがんが再発したことが公表されていました。この時、10月半ば頃に声帯の全摘出手術を受けたことをブログで明かしています。

「一番大事にしてきた声を捨て、生きる道を選びました」つんく♂からの祝辞抜粋文

なぜ、今、私は声にして祝辞を読みあげることが出来ないのか…それは、私が声帯を摘出したからです。去年から喉の治療をしてきていましたが、結果的に癌が治りきらず、摘出するより他なかったから、一番大事にしてきた声を捨て、生きる道を選びました。

出典 http://headlines.yahoo.co.jp

そんな私に、「今年も近畿大学の入学式のプロデュースをお願いしたい!」と、この大学から依頼がありました。その時に思いました。「ああ、この大学を卒業してよかったな。こんな私がお役に立てるなら精一杯頑張ろう!」そう心に思いました。昨年末から何度も大学とメールでやり取りしたり、スタッフが伝言してくれたり、を繰り返しつつ、今日、この日を迎えました。

出典 http://headlines.yahoo.co.jp

私も声を失って歩き始めたばかりの1回生。皆さんと一緒です。こんな私だから出来る事。こんな私にしか出来ない事。そんな事を考えながら生きていこうと思います。

出典 http://headlines.yahoo.co.jp

皆さんもあなただから出来る事。あなたにしか出来ない事。それを追求すれば、学歴でもない、成績でもない、あなたの代わりは無理なんだという人生が待っていると思います。

出典 http://headlines.yahoo.co.jp

この日更新されたブログにも前向きな言葉が綴られています

1月半ばからキックボクシングを始めたりと、
新たな人生のスタートに向かって体力作りもしております。

出典 http://ameblo.jp

これからもこんな私に出来る事。
こんな私にしか出来ない仕事をさせて頂こうと思っておりますので、
皆様どうぞこれからもよろしくお願いいたします。

出典 http://ameblo.jp

入学式でも皆さんに伝えましたが、私も新しい人生の1年生です!
気分一新がんばります!

出典 http://ameblo.jp

つんく♂さんは三児のパパでもあり、子煩悩でも知られています

つんく♂さんは、2006年6月8日に入籍。
2008年4月29日には男の子・女の子の双子のパパに!そして2011年3月16日には、三人目となる女の子も誕生しています。

ブログでは、子どもたちとのやりとりや写真も公開されていて、とてもほっこりする内容が多く、仲良し家族で子煩悩な一面を見せているつんく♂さん。

出典 http://ameblo.jp

ブログ記事「子供達の餃子作り」の写真

今回、歌手として命とも言える声を失うという大きな決断をしました。その決断の裏には、やはり家族の存在があったのではないでしょうか。

この決断に至るまで、かなりの苦しみも抱えていたことと思います。それらはやはりつんく♂さんにしか分からないことではありますが、子どもたち・奥様の存在はとても大きいものであったと思います。

出典 http://ameblo.jp

ブログ記事「子供の成長と親の対応」の写真

愛する家族の支えというのは一番大きな力になります。子どもたちがまだ病気のことをわかっていなくても、その笑顔だけでも支えられてきたはずです。

歌うだけではなく、話すことさえできなくなってしまいましたが、生きる道=命を選んだという大きな決断。つんく♂さんにとっては声も命と同じ位大切なものだったと思いますが、これからの長い人生、愛する家族と一緒に過ごす時間を作ることができたことは本当に良かったと思います。

出典 http://ameblo.jp

ブログ記事「子供の成長」の写真

シャ乱Q・つんく♂のあの歌声が聴けないというショックは計り知れません…

つんく♂さんの言葉には1つ1つに重みがあって、色々考えさせられます

シャ乱Qの歌に力をもらった人、助けられた人も多いと思います。
しばらく聴いていなかった人も、このニュースを知って、つんく♂さんの歌声を聴きたい!と思ったはず。
CDの音源では聴くことができますが、これから新しいつんく♂さんの歌声を聴くことはできません…。とても辛い現実です。

でも、一番辛く苦しい決断をしたつんく♂さん。体力作りにも精力的で、とても前向きに思えます。
あの歌声を聴くことができなくなったとしても、つんく♂さんの詞や曲でその世界観を聴くことはできます。つんく♂さんにしか表現できない世界観、これからも聴かせてくれることを期待して待ちたいですね。

シャ乱Q・つんく♂の歌声をあらためて聴いても最高です

シャ乱Q「シングルベッド」

出典 YouTube

シャ乱Q『Come on!僕たちの未来』 ver.0

出典 YouTube

シャ乱Q『蜃気楼 しんきろう』

出典 YouTube

こちらの記事も読まれています

この記事を書いたユーザー

milkteagirl このユーザーの他の記事を見る

神戸出身✈︎東京在住。
K-POP(2PMの大ファン♡)、韓国グルメ&トレンドなどを中心に書いています♩

得意ジャンル
  • 音楽
  • 海外旅行
  • グルメ
  • 美容、健康

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス