巷では今この問題が大きく取り上げられてますね!

いろんなメディアに取り上げられていますが、要約すれば、国会のスケジュールを、嘘の診断書で病欠し、外で遊びまくったことが問題になっているのですね!
しかも、それに大きく火をつけたのが、ヤ○○顔負けの恫喝で記者を脅す秘書の存在です!

でも、問題は本当にそこだけなの?

実は、次世代の党が分党にいたった理由と大きく関係があるのです!

ってなあに!?そんなに根深いの?

実は、元国会議員の秘書であるAさんの証言にヒントがあるようなのです!

Aさんの証言を元に、分党までの真相を暴いてみましょう!

① みんなの党が分かれる前から、維新系と結い系が統一会派を組んでいた。

② 渡辺喜美氏の資金管理の失敗からの、結い系の離党。

③ 江田氏による、次世代系への嫌がらせ。

江田氏、離党ばかりしているために、その人格はよろしくない、という噂が、関係者の間ではささやかれていました。しかし、その噂どおりに、人格に問題のある性格だったらしく、次世代系の先生たちにも駄々をこね、追いつめていったそうです。

④ 松野氏や小沢氏が分党工作。

出典 http://www.gettyimages.co.jp

民主党系の議員が、ここぞとばかりに、民主党に戻るために次世代系を追い出そうと動いていたようです。

⑤ 橋下市長は密かに江田氏と組むことを決意。

どうしても地方自治を頑張りたいのでしょうか、江田氏の性格を度外視して、次世代系と結い系の調整をするという交渉をしながらも、その決めた交渉のあとに、さらに無理難題をふっかけ、次世代系が追いつめられたそうです。

⑥ 石原氏、ついに分党を決意!

出典 http://blog.goo.ne.jp

次世代系の人たちの本音は、分党しない方がよかったという意見も少なくないようです。

その後、維新と結いが合体して、維新の党となったことは、記憶に新しいことでしょう!

その後、みんなの党が民主系と元気系に分かれ、次世代の党と元気系議員が大量落選したことは周知の事実ですね!

でも、上西さゆり問題と何の関係があるの?

出典 http://www.gettyimages.co.jp

実は、維新の党の内部体質、人間関係が大きく絡んでくるのです!

実は筆者、大阪維新塾関係者、党支部長関係者と潜伏して交流していました!

その様子をまとめてみました!

イ 橋下市長そっちのけで、江田氏支持者ばかり

出典 http://www.gettyimages.co.jp

自民党との連携を模索する橋下市長派と、民主党との連携を模索する江田派に分かれましたが、維新系の多数が、大阪維新塾でお世話になった橋下市長を裏切って江田派に寝返る始末です。

ロ 組織の規律よりもお友達クラブ

出典 http://www.gettyimages.co.jp

地方自治に興味があるから政治家になる、という人が多いですが、実のところ、強い意志を持ってやる人たちよりは、そういう青い自分に酔っている人が多いです!
行動に変える人が少ない!

また、問題があれば橋下市長すら切り捨てる、という発言すら飛び出していますが、そもそも、橋下市長の力で自分たちの今があるという恩義を忘れている人たちが多いです!
さらに、今回の件は、周りの人たちも、本来は反省すべきなのですが、反省の意見が弱く、上西さゆり議員への猛批判はあまり聞かれません(形だけの批判ならいくらでもできますが)。

こういう現状を見て、中間的な維新塾生の中には、どっちもどっちだ、という意見が出る始末。

結論

筆者の独断の所感ですが、普段の関係者の体質が、上西さゆり議員をつけあがらせたのだと思われます。
今回に関しては、アメとムチでいえば、徹底的な茨のムチがない限り、国民も許してくれないでしょう!

この記事を書いたユーザー

師稼威志会 このユーザーの他の記事を見る

トップキュレーターを目指しております。他に、これから活躍するであろう未来政治家、テレビにあまり出てこない芸能人、アーリーステージの起業家、その他将来性のありそうな人物を、独断と偏見で発掘し、繋げることも手がけております。
Amp. でライターをしたことがあったり、Curazyの記事作成の手伝いをしたこともあり、バイラルメディアのマスコミ化に努めております。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス