様々なものがスマートになる昨今ですが、なんと「縄跳び」までも進化しています!

その進化した「縄跳び」が、ここで紹介する韓国・ソウルに本社があるTangram Factory社が開発する「Smart Rope(スマートロープ)」。

この「Smart Rope」は、跳んでいると空中に文字が浮かび上がます。それによって、跳んだ回数や消費カロリーなどの情報をリアルタイムに表示することができる、というわけです。

空中に文字が表示される!

出典 https://www.youtube.com

グリップに独自に開発したセンサーを搭載。ロープには23個のLEDライトが仕込まれています。文字は最大4桁まで表示可能。また、明るい部屋でも充分に文字の認識が可能とのこと。

スマホとも連携可能!



この「Smart Rope」、この単体でも機能するのですが、Bluetoothで無線通信してスマホアプリ「Smart Gym」と連携することが可能。それによって、様々な機能が利用できるようになるのです。

例えば、

トレーニングの状況をSNSに投稿することもできるので、モチベーションの維持にも役立ちそうですね。また、既存の「Apple Health」や「Google Fit」といったフィットネスサービスとの連携機能も搭載する予定とのこと。
 


現在、キャンペーン中!

充電はグリップのところにあるmini USBポートから。約30分でフル充電され、最大14時間の稼働が可能。サイズは、S・M・Lの3種類。市販される価格は、70ドルくらいになるとのこと。



この『Smart Rope』、2015年4月6日まで、クラウドファンディングサービス「Kickstarter」で資金を募集。このキャンペーンでは、60ドルの支援で「Smart Rope」を1つ手に入れることができます。



製品化が予定通りなら、配送は2015年9月あたりとなるようです。



実際に飛んでいる動画はこちら!

出典 YouTube

この記事を書いたユーザー

らばどら このユーザーの他の記事を見る

国内外を転々としているフリーライター。
犬と猫なら猫派です。

得意ジャンル
  • 社会問題
  • 海外旅行
  • インターネット
  • 国内旅行
  • グルメ
  • 料理
  • カルチャー
  • ニュース

権利侵害申告はこちら