川崎市の中1男子(13)が殺害され、同じグループだった18歳の少年ら3人が殺人容疑で逮捕されました。横浜地方検察庁は、少年らについて「刑事処分相当」などの意見をつけて家庭裁判所に送る方針とのことです。

 事件からしばらく経ち、報道の量は明らかに少なくなってきました。過去にも、同様にして様々な事件が風化されて行きました。そんな中、いじめられている子どもたちは、どう身を守ればいいのか。どの様な手段があるのか。そのヒントになりそうなメッセージがSNSを中心として拡散し続けています。

劇作家の鴻上尚史さん

出典 http://www.webdice.jp

 メッセージは、劇作家の鴻上尚史さんが2006年に新聞紙上に書いたもの。読んだ方からは、「学校でいじめられてるならぜひ読んで欲しい」「これで私も救われた」といった声が相次いでいます。

 既に目にされた方も多いかもしれませんが、この様なメッセージは流し続けて、拡散し続けるのが重要なのだと思います。まだこのメッセージを目にしていない、本当に受け取って欲しい人に届くまで。それが一番大切なのでは無いでしょうか。

 以下がそのメッセージです。

あなたが今、いじめられているのなら、今日、学校に行かなくていいのです。

あなたに、まず、してほしいのは、学校から逃げることです。逃げて、逃げて、とことん逃げ続けることです。学校に行かない自分をせめる必要はありません。大人だって、会社がいやになったら、会社から逃げているのです。

次にあなたにしてほしいのは、絶対に死なないことです。
 
そのために、自分がどんなにひどくいじめられているか、周りにアピールしましょう。思い切って、「遺書」を書き、台所のテーブルにおいて、外出しましょう。学校に行かず、1日ブラブラして、大人に心配をかけましょう。そして、死にきれなかったと家にもどるのです。

それでも、あなたの親があなたを無視するのなら、学校あてに送りましょう。あなたをいじめている人の名前と、あなたの名前を書いて送るのです。
 
はずかしがることはありません。その学校から、ちゃんと逃げるために、「遺書」を送るのです。

死んでも、安らぎはありません。死んでも、いじめたやつらは、絶対に反省しません。
 
あなたは、「遺書」を書くことで、死なないで逃げるのです。

だいじょうぶ。この世の中は、あなたが思うより、ずっと広いのです。
 
あなたが安心して生活できる場所が、ぜったいにあります。それは、小さな村か南の島かもしれませんが、きっとあります。

僕は、南の島でなんとか生きのびた小学生を何人も見てきました。
 
どうか、勇気を持って逃げてください。

出典朝日新聞

この記事を書いたユーザー

ももかん このユーザーの他の記事を見る

なるべく波風立てないように生きる事が信条の30代(♂)です。軽い気持ちで読める記事を心がけたいと思います。

得意ジャンル
  • 話題
  • インターネット
  • 暮らし
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス