コチラの男性は手話通訳士の”Tommy Krångh”さん。これから、歌番組に出演するミュージシャンの同時手話通訳を行うのですが…

その姿が、完全に”ミュージシャンよりも目立っている”と、世界中で話題となっています。出だしこそ落ち着いて同時手話通訳を行っていた”Tommy”さんですが…

徐々に感情が入りだし…

『今の本当に手話!?』と思えるようなポーズも!(笑)

サビ前なのにこの表情!

その後もノリノリの”Tommy”さんは…

後ろのミュージシャンとコラボレーションしているかの如く

心のこもった同時手話通訳を続け…

時には”振り付けがカブる”奇跡っぷりまでも披露!

未だかつて、ここまで熱い同時手話通訳…見た事がありませんよね。

もはや”Tommy”さんの舞台だったのでは?と思える3分間。では同時手話通訳のイメージを180度変える”Tommy”さんの独り舞台!ご覧下さい!

出典 YouTube

スゲェェ(゚A゚;)ェェェエエエ!!!!

ちなみに、数年前から、スウェーデンの高校では『手話』が選択言語科目となっており、フランス語やドイツ語、中国の言語と同じ科目レベルとして『手話』が扱われるようになりました。だからこそ、スウェーデンでは、手話に対する理解が広く、tommyさんのような感情豊かな手話通訳士が人気があるのかもしれません。

手話のイメージを根底から覆した”Tommy”さん。歌って踊れる手話の伝道師として、これからも活躍してほしいですね!

この記事を書いたユーザー

kota60 このユーザーの他の記事を見る

豚骨ラーメンが超苦手な福岡在住ライター。家族や友人に話したくなる…そんなネタを中心に発信していきます!

なお、記事作成後、即ツイートしますので、誰よりも早く記事を読んでくれる方!ツイッターのフォロー(@thelovedtools)宜しくお願いします。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス