お店の和菓子コーナーで、ひときわ異彩を放つ黒い物体、ホンマにどら焼なのか確かめる意味もあって、いってみました。

外装全景

黒ごまあんと黒ごまもちを黒いガワで包み込んだオールブラックの仕様となってまして、ダースベイダーのおやつに向いてそうです。

栄養成分等

熱量307kcal、ナトリウム59mg(食塩相当量0.14g)、脂質4.5g。熱はそれなりだが、塩も脂も滅法低いレベル。やはり和菓子というのは罪が軽いですなあ。製造は千葉県の米屋という会社。

ブツ(表裏)

黒いです、ひたすら。愛想のかけらもない。

ブツ(端・寄り)

やっぱ黒くて無愛想…と思ったが、どうも外側は褐色のようですな。内部こそがピッチブラックっぽい。

ブツ(内側)

ペロンと開けようとしたんですが、ガワが具にぺったりくっついてまして途中で切れました。小汚い絵で陳謝。で、黒いのはやっぱり中味でしたね。比べてみると、外側は茶色レベル。具はもちということで、ねっとり感ハンパなしですなあ。あと、ガワの断面が緑色なのかこれは…?というのも特徴でしょうか。

食べてみました

いただきましたところ…、これはどら焼というより餅菓子ですわ。黒ごまもちの存在感、どっしりとした食感ですね、これが圧倒的にズドーンと来まして、しばらく後に、あ、ガワもあったん…ってな具合に気付くというぐらい、もち餅モチ…ですな。

甘みはあんまし強烈ではなく、むしろ控え目に感じましたが、それもこれもやっぱし餅部がそう感じさせるんでしょう。まあちょっと目先変わってて、それなりにウマイけど、私としてはどら焼の具材としては普通に餡だけの方が良かったかなあ…というのが感想です。

この記事を書いたユーザー

ふじつぼだんき このユーザーの他の記事を見る

パン、お菓子、B級中心の映画、音楽等々についてグダグダ語ります。バンドではドラム。ブログは http://blog.livedoor.jp/fujitsubodanki/

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス