ママたちが声をあげる時代

今世紀に入ってから、待機児童問題について「母親一揆」と呼ばれるママたちの運動が盛んになってきています。

出典 http://www.seikeai.jp

朝日新聞(H26.11.9)では港区や足立区のママネットワークが、社会を変えようと動いていることが紹介されています。

ママたちの活動とは

23区のなかでも「都心3区」と呼ばれるエリアに含まれ、まさに東京の中心に存在する港区と中央区を今回は取り上げる。住宅の都心回帰が言われて久しいが、この両区も近年の大型開発を契機として大規模集合住宅が増え、職住接近を志向する層にとっては絶好の住エリアとなっている。

出典 http://www.a-lab.co.jp

出典 http://www.seikeai.jp

ママたちの陳情活動により、
1)保育園の待機児童 大幅解消
2)幼稚園の3年保育化拡大
3)学童クラブの充実
などが東京都の中でも一番に実現しています。

ママネットワークの底力

上の新聞記事でも「SNSでつながりやすく」というコメントが書かれています。
区議ママたちが、ブログなどで頻繁に区政を紹介してくれることも、自分の問題としてママたちがとらえ、声をあげ、行動を起こしてきているのだと思います。

ママたちが社会を動かす

税収額が全国トップでもある港区であっても、まだまだたくさんの問題を抱えています。
・ 待機児童ゼロ!
・ しょうがいじ保育園の設置
・ 国際バカロレア認定校の導入(全国初の公立小)
・ シングルマザー支援の拡充
・ ICT先進自治体
などなど

この記事を書いたユーザー

平山佐知子 このユーザーの他の記事を見る

会社経営。3児と10カ国の海外旅行を経験。 日本のママを世界一にするための情報を発信しています。

得意ジャンル
  • 社会問題
  • 育児
  • コラム

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス