ぬいぐるみと言えば、可愛い動物をイメージする人がほとんどだと思いますが、ニューヨークを拠点に活動するアーティスト”Kent Rogowski”さんの創り出す”ぬいぐるみ”は、そんな可愛いイメージとはかけ離れた作品なんです。

耳のないクマのぬいぐるみ。人によっては恐怖すら感じるこのぬいぐるみですが、実は、普通に販売されているぬいぐるみを裏返し、綿を詰めなおして縫製されたモノでして、絶対に見る事がない…ぬいぐるみの裏側にスポットをあてた『Bears』シリーズは、ぬいぐるみのもうひとつの一面を感じさせると…海外を中心に注目されています。

いつも笑いかけるぬいぐるみ。しかし、表情には出さない裏の顔があるのでは?と思えてくる”Kent Rogowski”さんの作品の数々。では一挙にご覧下さい!

パンチがありすぎる↑のぬいぐるみや…

こちらのぬいぐるみは、喋る機能がついていたり、鼻に仕掛け(鼻風船が出る!?)がある”ぬいぐるみ”達。

いかがでしたか?

悲しい表情に見えたり…はたまた、悪い一面を垣間見せる表情に見えたりと…見る人によって印象が変わるKent Rogowskiさんの『Bears』。

まだまだ紹介しきれていない作品もたくさんありますので、Kent Rogowskiさんの創り出す、独特の世界観に魅了された方は、是非、彼の作品…チェックしてみてはいかがでしょうか?

この記事を書いたユーザー

kota60 このユーザーの他の記事を見る

豚骨ラーメンが超苦手な福岡在住ライター。家族や友人に話したくなる…そんなネタを中心に発信していきます!

なお、記事作成後、即ツイートしますので、誰よりも早く記事を読んでくれる方!ツイッターのフォロー(@thelovedtools)宜しくお願いします。

権利侵害申告はこちら