ヨルタモリでタモリは回帰したのか?

出典trendnews-hamajaka.blog.so-net.ne.jp

30年を超える国民的番組「いいとも」を終えて、その培ってきた社会的評価を全く無視するかのような密室芸を「ヨルタモリ」で繰り広げるタモリ。実はこれこそがタモリの真骨頂!彼は「いいとも」を終えて本当にやりたかったことをやっている。いやむしろ炸裂させていると言ってもいい。

その「ヨルタモリ」に賛否両論が起きている。

出典www.youtube.com

この「ヨルタモリ」はハッキリ言って視聴者無視、そして「いいとも派」や昨今の「お笑いバラエティ派」をバッサリと切り捨てている。そして僕ら50代半ば以上のタモリ原理派にとっては、30数年ぶりにやっと本来のタモリが帰ってきたと諸手で歓迎しているのである。

そして教養と下ネタが絡まった密室芸が炸裂!

出典 http://blog.livedoor.jp

そして、実はタモリの芸の原点である密室芸の本質=ジャズということになる。タモリ扮する「国文学者」の李澤京平(すももざわ・きょうへい)教授が消え入りそうな声で「日本古典文学講座(第1回)」の中で紫式部の歌の解説を勝手な解釈で解説するという、これが中洲産業大学教授、デタラメ言語ハナモゲラなど、他の芸人とは一線を画した、テレビ的にはキワモノ芸人的存在というタモリ本来の姿である。

タモリのウソ外国語によるサッカー中継

出典 YouTube

このデタラメ語はやろうと思ってもそう簡単に出来るものではない。高校を卒業後、1年間の浪人生活中しばしば押入に潜り込み、中国や韓国からのラジオ放送を長時間聴いていて、これが後の「6か国語マージャン」などの「インチキ外国語芸」へとつながったそうだ。

この記事を書いたユーザー

zukzuk22 このユーザーの他の記事を見る

物資欲は全くなく知識欲旺盛。そしてクリエイティブな世界を創造することが生き甲斐。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス